MENU CLOSE

認定医

認定医更新猶予について (2022年4月1日掲載)

日本緩和医療学会では、緩和医療認定医(以下「認定医」)の緩和医療における専門性を維持・向上させるため、認定医資格に更新制度を導入しております。通常5年毎に更新手続きを行っていただくこととなっておりますが、海外留学、出産・育児、病気療養など、何らかの理由で更新できない場合、最大2年を限度として更新猶予を申請することができます。認定医審査部会で審査を行い、承認されますと1年もしくは2年の間、更新が猶予されます。申請前に本年4月1日に本学会ホームページに掲載します「専門医・認定医認定制度に関する細則」、「認定医関連Q&A」、「研修カリキュラム」を必ずご確認下さい。

なお、更新猶予後に更新手続きを行った場合の認定期間について、下記のとおり変更となりました。2020年度の更新猶予申請より適用致します。

専門医・認定医認定制度に関する細則(第39条) 2020年2月2日改定
・変更前
何らかの理由により更新手続きを行えなかった場合は、2 年間の猶予期間を認め、更新手続きを行うことが出来る。その場合の認定医資格の有効期間は、正規に手続きを行った場合の残余期間とする。

・変更後
何らかの理由により更新手続きを行えなかった場合は、2 年間の猶予期間を認め、更新手続きを行うことが出来る。その場合の認定医資格の有効期間は、5年間とする。

 

1. 受付期間

2022年9月1日~2022年9月30日

2. 対象者

本年更新申請対象の認定医

3. 提出書類

  1. 認定医 更新猶予申請書
  2. 猶予申請理由を証明する書類

4. 提出先

〒550-0001 大阪市西区土佐堀1丁目4-8 日栄ビル703A号室 あゆみコーポレーション内
特定非営利活動法人 日本緩和医療学会 認定制度担当係 宛
(表書に「認定医更新猶予申請書在中」と朱書きで併記して下さい)

5. 申請後の流れ

認定医更新審査部会で更新猶予申請書類審査を実施し、審査結果通知状は本年11月10日までに郵送します。猶予が承認された場合、猶予申請の翌年3月31日までに猶予期間を証明する書類を郵送します。結果通知状、猶予期間を証明する書類が届かない場合は学会事務局にお問合せ下さい。

6. 注意事項

  1. 申請前に 本年4月1日に本学会ホームページに掲載します「専門医・認定医認定制度に関する細則」、「認定医関連Q&A」、「研修カリキュラム」を必ずご確認下さい。
  2. 申請書等は審査の目的のみに使用し、他の目的には一切使用いたしません。なお、申請書等は返却いたしません。

お問い合わせフォーム