MENU CLOSE

過去の学術大会一覧

回数テーマ会長開催年開催地
第1回   柏木 哲夫 1996年 北海道
第2回   海老原 敏 1997年 千葉県
第3回   近藤 元治 1998年 京都府
第4回 21世紀のがん医療の潮流 山脇 成人 1999年 広島県
第5回 21世紀の緩和医療を構築するために 小川 道雄 2000年 熊本県
第6回   栗原  稔 2001年 東京都
第7回 情報の扉を開く緩和医療
-経験医療から情報医療への展開-
江口 研二 2002年 愛媛県
第8回 緩和医療学の確立をめざして 長山 忠雄 2003年 千葉県
第9回 緩和医療学の普及と進展を図る 並木 昭義 2004年 北海道
第10回 緩和医療とサイコオンコロジーの原点
-患者家族と歩む
垣添 忠生 2005年 神奈川県
第11回 緩和医療におけるケアの本質 内布 敦子 2006年 兵庫県
第12回 地域をつつむ緩和医療 田中 紀章 2007年 岡山県
第13回 広げる・深める・つなげる~技と心~ 安達 勇 2008年 静岡県
第14回 緩和医療-原点から実践へ- 恒藤 暁 2009年 大阪府
第15回 いつでも どこでも 質の高い緩和ケアを 志真 泰夫 2010年 東京都
第16回 いのちをささえ いのちをつなぐ 緩和ケア
~病院から地域へ~
蘆野 吉和 2011年 北海道
第17回 ひろく ふかく たかく 松岡 順治 2012年 兵庫県
第18回 いきいきと生き、幸せに逝く 東口 髙志 2013年 神奈川県
第19回 これでいいのだ! 齊藤 洋司 2014年 兵庫県
第20回 夢をかなえる この20年、そして、あしたへ 高宮 有介 2015年 神奈川県
第21回 ~あなたらしさに寄り添って~
”愛と思いやり・・・そしてユーモア・・・”
細川 豊史 2016年 京都府
第22回 集い対話する
疾病と共に健やかさを生きるために
社会の中で活きる医療となるために
有賀 悦子 2017年 神奈川県
第23回 緩和ケアとEOLケアの質を見直す
Quality Palliative and End of Life Care
木澤 義之 2018年 兵庫県
第24回 緩和ケアのArt&Science 荒尾 晴惠 2019年 神奈川県
第25回 多様性、対話そして利他 内富 庸介 2020年 WEB
第26回 初心忘るべからず(初心不可忘) 橋口 さおり 2021年 神奈川県