MENU CLOSE

お知らせ

3月4日(金)「第4回社会医学若手フォーラム」開催のご案内

日本医学会連合より「第4回社会医学若手フォーラム」開催のご案内がございました。

2022年3月4日(金)17時30分より、第4回社会医学若手フォーラムをWeb開催します。

がんは、早期発見や治療の進歩に伴い、生存率は改善傾向にあります。その結果として、治療と就労の両立という課題が社会の中で広く認識されるようになりました。他方、早期の発見と治療が重要であるにもかかわらず、コロナ禍で顕在化したように受診の遅れの問題もあります。今回は遠藤源樹先生(順天堂大学)にがんと就労について、大城真理子先生(沖縄県立看護大学)に乳がん受診の遅れについて、実例を交えながら最新の知見をお話しいただきます。演者・発表内容の詳細は本ページ下部をご参照ください。

本フォーラムは参加無料です。

参加登録フォームhttps://forms.gle/5gnMSzC5jSKXaoGh6 よりお申込みください。

 

○開催趣旨

今、日本では人々の命と健康に関わる課題に応じて様々な研究が立ち上がっていますが、社会医学を網羅する形で、分野横断的にそれらを結び、新たな研究につなげる場がなかなかありませんでした。そこで、日本医学会連合社会部会で開催された若手リトリート2019からの派生企画として、社会医学若手フォーラムを定期的に開催し、人をつなぐ場を設けてきております。普段、聞けないような話を気軽に聞いて、参加者同士で交流し、アイディアの種をもらったり、育てたりできる場になることを期待しております。

第4回社会医学若手フォーラムは、3月4日(金曜)に2時間ほど、オンラインでへき地医療、衛生動物学の研究者による研究紹介、座談会、そして参加者交流を行う予定です。

若手研究者のみでなく、学生の方、シニア研究者の方も、ご関心のある方は歓迎しますので、ぜひご参加ください。多くの方々のご参加をお待ちしております。

参加申し込み方法等は、下記ご参照ください。
第4回社会医学若手フォーラム要領