日本緩和医療学会
English Page
Twitter Instagram line  サイトマップ
line
外部ニュース
その他団体からのお知らせ

「ゲノム医療における情報伝達プロセスに関する提言―その1:がん遺伝子パネル検査を中心に(改定第2版)」及び「ゲノム医療における情報伝達プロセスに関する提言―その2:次世代シークエンサーを用いた生殖細胞系列網羅的遺伝学的検査における具体的方針(改定版)」について

日本癌治療学会より、「ゲノム医療における情報伝達プロセスに関する提言―その1:がん遺伝子パネル検査を中心に(改定第2版)」及び「ゲノム医療における情報伝達プロセスに関する提言―その2:次世代シークエンサーを用いた生殖細胞系列網羅的遺伝学的検査における具体的方針(改定版)」について、周知がありました。

このたび、京都大学大学院医学研究科社会健康医学系専攻 医療倫理学・遺伝医療学分野 小杉 眞司先生が、「ゲノム医療における情報伝達プロセスに関する提言―その1:がん遺伝子パネル検査を中心に(改定第2版)」及び「ゲノム医療における情報伝達プロセスに関する提言―その2:次世代シークエンサーを用いた生殖細胞系列網羅的遺伝学的検査における具体的方針(改定版)」を公開されました。

提言は、下記URLでございます。
https://www.amed.go.jp/news/seika/kenkyu/20200121.html