line
Japanese Society for Palliative Medicine
News Letter No.80
日本緩和医療学会ニューズレター
Aug 2018  80
特任理事就任挨拶


島根大学医学部附属病院
太田 桂子



 この度、日本緩和医療学会特任理事を拝命いたしました島根大学医学部附属病院の太田 桂子と申します。理事会におきまして、チーム医療におけるソーシャルワーカーの専門性とその必要性をご理解いただき、特任理事として2期目をご承認いただきましたことに心から感謝申し上げます。
 現在は当院地域医療連携センターでの退院支援、緩和ケアセンターの緩和ケア病棟、緩和ケアチームのソーシャルワーカーとして、がんのみならず非がん患者とご家族の心理社会的支援を行っております。本学会の理事1期目では、将来構想委員会の副委員長を拝命し、今後の学会が進むべき道筋について先生方と多方面から検討する場は大変貴重な経験でありました。特任理事1期では引き続き将来構想委員会を務め、併せて2018年度理事選挙の選挙管理委員長も務めさせていただきました。また、MSWセミナーWPG委員としてMSWセミナーの企画などを担当させていただきました。皆様のご高配により、第1回MSWセミナーとして、緩和医療に携わる全国の現任MSWにむけた教育研修の機会をいただくことができました。
 また、今年度から厚生労働省がん対策推進協議会の委員を務めさせていただくこととなりました。相談支援はもとより、在宅緩和ケアの推進、小児・AYA世代における緩和ケアに関しまして、これまでの学会活動などからの知見をふまえて積極的な情報発信が求められていると認識しております。
 これからも、医療現場の多職種チームから地域の医療・ケアチームへ「想いとともにつなぐ」体制整備を通して、温かみのある全人的なケアの実現にむけて取り組む所存でございます。皆さまからのご支援ご鞭撻のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。
 ソーシャルワーカーは、疾患や病期に限らず、患者と家族の抱える多様な心理社会的課題に対応することが求められています。患者や家族の価値や希望を「聴く」面接や、属する社会に戻れるよう「つなぐ」ネットワーキングなどの専門的な技術の研鑽が不可欠です。
 実際、ソーシャルワーカーの多くは地域連携部門に所属し、緩和ケアチームや緩和ケア病棟の兼任もしくは専任であります。そのような立場で専門性をうまく活用し、病院内のみならず、地域社会の多職種とシームレスな連携を図り、患者と家族の生活の質の向上にむけて日々努力しています。
 今後は、地域包括ケアシステムでも信頼できる専門職となれるよう、ソーシャルワーカーの教育機会の確保や制度政策への提言など各方面から、その整備にむけて努力を重ねる所存でございます。

Close