line
Japanese Society for Palliative Medicine
News Letter No.80
日本緩和医療学会ニューズレター
Aug 2018  80
理事就任挨拶
2期目の教育・研修委員会委員長として
教育・研修事業の見直し・整備を行います
佐久総合病院佐久医療センター 緩和ケア内科
山本 亮



 佐久医療センター緩和ケア内科の山本 亮と申します。今回3期目の理事に選んでいただきありがとうございました。今期も一生懸命頑張りたいと思いますので、どうかよろしくお願いいたします。
 前期に引き続き、教育・研修委員会を担当させていただくこととなりました。教育・研修委員会には、教育セミナーWPG、緩和ケア基礎セミナーWPG、医学生セミナーWPG、看護職セミナーWPG、MSWセミナーWPG、ELNEC-JコアカリキュラムWPG、専門医カリキュラム策定WPGの7つのWPGがあり、緩和ケアに関する教育、研修事業を行っています。専門医や認定医の認定制度がスタートしたこと、緩和ケアががんだけでなく非がんにも広がり、そのカバーする範囲がますます広くなっていることなどを考えると、事業全体を見直していく時期にきているのではないかと感じています。
 これまで行ってきた様々な事業を、緩和ケアの裾野を広げていく事業、基本的緩和ケアの底上げをしていく事業、専門的緩和ケアを充実させていく事業の3つに分け、それぞれの目的にあった形で整備していくことができる2年間にしたいと考えています。当会が厚労省から委託を受けて行っている緩和ケア研修会(PEACE研修会)の一部がe-learning化され、研修対象者も多職種に広げられたことは、緩和ケアの基本教育を学ぶ共通のプラットフォームが作られることに他なりません。さらに、専門医や認定医のための教育機会を提供するリフレッシャーコース(仮称)の開催も専門医認定・育成委員会を中心に検討していくこととなっています。これらの事業ともうまく連携し、より良い教育・研修の場が提供できるよう、会員の皆様の声も聴きながら、努力したいと思います。どうかよろしくお願いいたします。

Close