Japanese Society for Palliative Medicine
News Letter No.61
日本緩和医療学会ニューズレター
Nov 2013  61
口演9
緩和ケアの質
座長・報告   時計台記念病院 消化器センター、緩和ケア内科  児玉 佳之
 本セッションでは多職種から緩和ケアの質に関わる演題が発表された。
 演題1は、終末期がん患者に対する鎮静に関する認識について、医師と看護師からアンケート調査した結果についての報告であった。適切な鎮静導入のためには、アンケート結果からわかった問題点を解決し、鎮静導入の基準作成が必要であることが示された。
 演題2は、キャンパス型緩和デイケアサロンを利用しているがんサバイバーの体験について、面接にて内容分析した報告であった。がんサバイバーは生きるための支援を求めており、サロンでの交流からがんと共に自分らしく生きることに価値を見出していることが示された。
 演題3は、臨死期の麻薬使用量の変動を指標に在宅緩和ケアの質を評価した報告であった。在宅における臨死期の麻薬使用量の変動と症状緩和の程度やケアの質の関連についてはさらに検討が必要と思われた。
 演題4は、ゾレドロン酸投与のレジメン作成することでコンプライアンスの確保と腎機能を考慮した適切な投与が可能となるという報告であった。
 演題5は、院内のメディカルスタッフに対して行った緩和ケアに関するアンケート結果の報告であり、教育についてはどこの施設でも同様の悩みがあると考えられ、今後の活動に役立てられる内容であった。
 演題6は食道がんに対する治療を受けた493例において集学的治療における緩和医療について検討した報告であった。緩和ケアチームの積極的な関与は17%でしたが姑息的治療や緩和ケア病棟への紹介など含めると4割 以上で緩和医療の関与があったことが示された。
 演題7はがん緩和ケア患者に対して写真付き食事メニュー表を導入した有効性についての報告であった。メニュー表により食事摂取量の維持、絶食期間の短縮につながった可能性があることが示された。いずれも緩和ケアの質向上のために、多職種が様々な視点から取り組まれている活動の報告であり、今後の臨床において是非役立てて欲しい内容であった。

Close