Japanese Society for Palliative Medicine
News Letter No.61
日本緩和医療学会ニューズレター
Nov 2013  61
フォーラム5
MSWフォーラム
座長・報告  東札幌病院 MSW課  田村 里子
 MSWフォーラムは、「緩和ケアチームにおけるMSWの活動拡充をめざして」がテーマであった。
 全国にがん診療連携拠点病院が整備され、緩和ケアチーム(PCT)が必置となり、ソーシャルワーカー(以下MSW)は、PCTの一員として名前を連ねている。しかし人的に充分な配置とはいえない背景からも、専従ではなく専任もしくは兼任での配置である。
 こうした現状の中で、緩和ケアの対象であるがん患者とその家族への心理社会的支援を、タイムリーに提供するには、患者および家族の背景や価値観をふまえた治療や療養環境の意思決定への支援、家族関係の調整、未完の仕事への支援など、MSW本来の役割を再確認しつつ、緩和ケアチームにおけるMSWの活動の拡充を図って行く必要がある。
 そこで、MSWフォーラムでは、PCTにおけるMSWの活動を拡充していくために、3人の演者より、種々の困難な条件のもと方策や工夫を結集しソーシャルワーク実践を展開してきた実際について話があり、フロアーとのディスカッションをおこなった。
 「緩和ケアチームにおけるソーシャルワーク実践」として藤田保健衛生大学病院 浅野正友輝さんが、チームにおけるMSW機能を中心に、「今こそ!MSWが緩和ケアチームの力を地域へつなぐ」として、島根大学医学部附属病院 太田桂子さんが、地域と緩和ケアチームの橋渡しについて、「大学病院におけるがん相談支援体制づくり」として、東京医科大学病院品田雄市さんが、組織の中で相談機能を発揮するための体制作りについて、発表された。
 現在、全国のPCTのMSWが実際の活動について、またPCTの他の職種のチームメンバーとどのように協働しているのかを、このように共有する機会は少ない。フォーラムは、実践を見直し自由な意見や考えを共有し、また、参加の医師よりのMSWへの期待と励ましの発言など、PCTの活動のための智恵と元気を出し合う貴重な場となった。

Close