Japanese Society for Palliative Medicine
News Letter No.61
日本緩和医療学会ニューズレター
Nov 2013  61
フォーラム2
看護師フォーラム
座長・報告  淀川キリスト教病院 看護部  田村 恵子
座長  近畿大学医学部附属病院  小山富美子
 看護師フォーラムは、参加者が元気をもらって「明日から頑張ろう」と思っていただけることを願い看護系理事で企画いたしました。そこで、現在、緩和ケアの第一線で活躍されている4人の方にご登壇いただきました。
 トップバッターの村木明美さんは、済生会松阪病院でがん看護専門看護師としてコンサルテーション活動を行っています。昨春の緩和ケア病棟開設を契機として始まった緩和ケアキャンサーボードについて紹介されました。病院全体の取り組みを通して、人の持つ無限の力や可能性を改めて感じ、ケアの可能性を実感していると熱く語っていただきました。続く、高橋紀子さんはがん性疼痛看護認定看護師で、仙台医療センター緩和ケアチームで活動されています。緩和ケアチームの力と病棟看護師の力が一つなることで、患者や家族の思いや希望を叶えることが可能となり、さらにはスタッフが笑顔になることを紹介されました。様々な困難が、緩和ケアによって喜びに変わることを素敵な笑顔でお話しいただきました。3人目の福田かおりさんは緩和ケア認定看護師で、聖隷三方原病院ホスピスで勤務しています。逃れられない死と向き合う患者・家族へのケアは、看護師ができることと真摯に向き合うことから始まり、患者・家族から教えていただくことにケアの可能性が秘められていることを理解し、チームでケアの意味を深めて実践していくことと述べられました。このプロセスにある難しさが、魅力でもあると語られました。最後は、YMCA訪問看護ステーション・ピースのがん看護専門看護師の濱本千春さんです。地域での緩和ケアや看取りには病院とは異なる複雑さがあり、現場に臨んで、考えつつケアを創り出す力と、そこに関わる人々をまとめる力が必要であると説明されました。看護職の力量でダイナミクスが大きく変化する。それが魅力であり困難さでもあると力強く語って下さいました。
 発表後のディスカッションでは、座長も加わり、臨床での課題について話し合いました。参加者の大きな頷きと共に会場が一体感に包まれました。演者・参加者の皆様、ありがとうございました。

Close