Japanese Society for Palliative Medicine
News Letter No.61
日本緩和医療学会ニューズレター
Nov 2013  61
ワークショップ3
患者、家族の否認、怒りを理解するための必須コミュニケーション
座長・報告  岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 生体制御学専攻  内富 庸介
座長・演者  群馬県立がんセンター 精神腫瘍科・総合相談支援センター  大庭  章
 ある程度臨床を経験して振り返った時、印象深く思い出す症例の中に否認や怒りの症例が必ずあると思う。狭くはない会場であったが、通路まで座って、内外に人が溢れていた。
 本セッションの冒頭に、基本的知識の提供を群馬県立がんセンター 精神腫瘍科の大庭 章先生から解説。その後、一般公募ながら珠玉の報告ばかりであった。
 市立伊丹病院 緩和ケアチームの堀木優志先生は、がん診断後の急性期患者に、否認、妄想が出現し、非常勤医の精神科医と協働して抗精神病薬を用い、否認から来る妄想反応としてチームで理解を深め対応をした症例報告であった。精神科医の参加をスムーズにチームを整えるスマートな活動報告で あった。
 大阪市立総合医療センター 緩和医療科の相木佐代先生は、死への不安からモルヒネ剤を治療拒否する家族、相対する患者・医療者の症例を報告し、根気強く、背景にある家族の不安に対処して、患者の意向に沿った緩和ケアをまさに積み上げ実現した報告であった。
 金沢医療センター精神科・緩和ケアチームの小室龍太郎先生は、日本サイコオンコロジー学会が厚生労働省委託事業で行っているコミュニケーション技術研修会の上級編としてはじめた、「怒り」に対応するコミュニケーション研修の内容について報告された。怒り、否認、意見の食い違う家族など 、まだまだ克服すべき状況はなお存在し、実践に活かせる模擬患者研修の有用性を紹介した。
 サザン・リージョン病院 麻酔科 緩和ケア病棟の大瀬 克広先生は、自分自身の怒りの理解とセルフコントロールを、これまでのアンガーマネジメントに関する資源を活用して自らの経験、実践を織り交ぜスマートに紹介された。怒りという感情自体を全くなくすのではなく、それによって生じる自分 の行動の内容や程度、頻度、対象や状況を見つめなおすことを提唱している。聴衆を含め、希望の持てるスキルであり魅了された。
 以上、簡略に報告したが、身体の痛みへの理解に加え、まさに心の痛みへの理解に関心が高まりつつあることを肌で感じた横浜大会であった。それが、現在、多くの会員の共通項として確認でき、次大会もさらに広い会場での関連セッションを望む。

Close