Japanese Society for Palliative Medicine
News Letter No.61
日本緩和医療学会ニューズレター
Nov 2013  61
シンポジウム10
緩和ケアで結ぶ地域連携
座長・報告  東札幌病院 MSW課  田村 里子
座長  佐賀大学医学部附属病院 地域包括緩和ケア科  佐藤 英俊
 シンポジウム10.緩和ケアで結ぶ地域連携緩において、緩和ケアというキーワードで、地域をいかに結び繋いでいくかについて、活発な議論がなされた。
 「都道府県がん診療連携拠点病院における地域医療者支援・在宅療養支援を重視した緩和ケア病床設立の意義」(兵庫県立がんセンターの駒沢伸泰先生)は、在宅緩和の後方支援を行う目的で、がん診療連携拠点病院に緩和ケア病棟を設立した効果について発表された。
 「緩和ケア病棟における救急患者受け入れの実践と運営方法の検討」(国立病院機構豊橋医療センター外科 佐藤健先生)は、緩和ケアの救急対応について述べ、緩和ケア病棟が緊急時に常時入院を受け入れることが出来る事が地域医療機関との信頼の要との指摘がされた。「在宅緩和ケア地域連携パ スの評価」(富山県済生会高岡病院 澤田幸一郎先生)は、連携パスの使用が、最後まで自宅で過ごす事に効果があると述べられた。
 「ICTを活用した在宅緩和ケアと退院後モニタリング・ケア・カンファレンスについて」(尾道総合病院 石川哲大先生)は、事例を通し、スタッフの情報共有と、連携した後のモニタリングを得ることで、シームレスな地域連携・在宅緩和ケアが可能になることを示された。「がん地域連携ワークショップin名寄を開催して〜北海道名寄市の地域連携の課題抽出と解決策の模索〜」(名寄市立総合病院堀井一樹先生)は、地域介入のプロジェクトで課題を抽出し解決のための共同作業で、顔の見える関係作りの効果を述べられた。
 緩和ケアで結ぶ地域連携〜MSWの立場から〜」(綜合病院山口赤十字病院 橘直子先生)は、MSWの立場からのネットワーキングの実際を伝えられた。
 「退院時カンファレンスの重要性〜退院初日から安心して過ごせる環境を整えるために〜」(らいふ薬局 藤堂延彰先生)は、退院時カンファレンスに薬剤師が参加する意味ついて考察された。
 多方面からの発表により、示唆に富むシンポジウムとなった。

Close