Japanese Society for Palliative Medicine
News Letter No.60
日本緩和医療学会ニューズレター
Aug 2013  60
口演13
化学療法2
座長・報告  弘前大学大学院医学研究科 腫瘍内科学講座  佐藤  温
座長  高崎総合医療センター 緩和医療科  田中 俊行
 化学療法というセッションではあるものの、開始時間前にすでに満席となり、後方及び両側に立見の参加者が並ぶという大盛況のうちに行われた。厚生連高岡病院緩和ケアチーム柴田和彦先生らは、初回がん化学療法導入時の緩和ケアニーズについて、「生活のしやすさに関する質問票」とEuroQOL調査票(EQ5D)を用いて評価し、継時的なスクリーニングの必要性を報告した。計画された興味深い調査であり、さらに緩和ケア介入による経時的変化や医療者への影響まで膨らませて研究をすすめていただきたい。三井記念病院緩和ケア科の廣橋猛先生らは、プレガバリンでは改善が認められなかったPaclitaxelによる末梢神経障害に対してデュロキセチンが有効であった症例を報告した。抗がん薬治療の臨床現場では最も困っている問題の一つであり、有用な情報をもつ症例報告である。今後の臨床開発展開に期待する。抗がん剤に伴う悪心・嘔吐に対する制吐剤について、新潟県立がんセンター新潟病院阿部徹哉先生らは多施設共同研究で実施してきた制吐薬の2つの前向き試験を比較して、3剤併用制吐療法の遅発期の悪心嘔吐に対する有効性を報告した。また、静岡県立がんセンター婦人科の安部正和先生らは標準支持療法に抵抗性の症例に対してオランザピンの有効性について探索的研究を報告した。いずれも、実臨床現場に有益な示唆であり、今後の計画した研究への発展を期待する。箕面市立病院緩和ケアチムの石川明子先生らは、化学療法を受けている切除不能進行再発大腸癌患者における緩和ケアの関わりについて、病状進行に伴いケアニーズにも変化があると報告した。重要な問題でもあり、今後は確立された評価方法を用いてより明確な結論を導くことを期待する。大分医療センターの米谷卓郎先生らは、増悪する骨転移にストロンチウム治療の併用による病勢コントロールができた症例を報告した。また、盛岡赤十字病院看護部の柳生千代子先生らは、友人の終末期を見届けた大腸癌患者の意思決定について経過報告をした。今後は詳細なアセスメントから有効なケアが導きだされることを願う。内容としては統一テーマではなく雑多な印象をうけるものの、明日からの診療に役立つヒントを多くいただけた。

Close