Japanese Society for Palliative Medicine
News Letter No.60
日本緩和医療学会ニューズレター
Aug 2013  60
フォーラム1
リハビリテーションフォーラム
〜リハビリテーションにおけるコミュニケーションの重要性〜
座長・報告  広島大学大学院医歯薬保健学研究院  岡村 仁
 近年、緩和医療におけるリハビリテーションの役割が注目されてきている中、本大会ではリハビリテーションに関する話題を5つのフォーラムのひとつに取り上げていただき、「リハビリテーションフォーラム〜リハビリテーションにおけるコミュニケーションの重要性〜」と題してセッションが開催された。
 筆者が座長を務めさせていただき、演者を、理学療法士である地域リハビリ支援室・タムラの田村茂先生、心理療法士である都立駒込病院の栗原幸江先生、作業療法士である千葉県保健医療大学の安部能成先生、リハビリテーション医である藤田保健衛生大学の太田喜久夫先生(発表順)の4名が担当された。
 田村先生と太田先生はセラピストに対する調査から、終末期医療あるいは緩和ケア病棟におけるリハビリテーションスタッフのコミュニケーションの重要性、およびそのスキルの必要性を述べられた。いずれも現場スタッフのコミュニケーションに対する思いが良く伝わってくる内容であった。そして、コミュニケーションの実践として、栗原先生は言語的なコミュニケーションスキルを、安部先生は非言語的なコミュニケーションスキルを紹介された。いずれも具体例をあげられ、明日からの臨床にすぐにでも活かすことのできるものであった。その後、時間は短かったが総合討論が行われ、充実した内容の質疑・応答が繰り広げられた。
 初日の朝一番というセッションにもかかわらず、多数の参加者があったことから、緩和医療におけるリハビリテーションの役割、重要性について改めて認識できたように思う。一般演題でも、年々リハビリテーションに関する演題は増えてきており、今回もさまざまな施設から報告が出され、活発な討論が行われていた。今後もこの流れを絶やすことなく、リハビリテーションに関する話題が積極的に取り上げられ、がん患者のQOLの維持・向上のために、リハビリテーションががん医療あるいは緩和医療の中にさらに強く根付いていくことが期待される。

Close