Japanese Society for Palliative Medicine
News Letter No.60
日本緩和医療学会ニューズレター
Aug 2013  60
ワークショップ13
ガイドラインから学ぶ:がん患者の呼吸器症状の緩和
座長・報告・演者  がん・感染症センター都立駒込病院 緩和ケア科  田中 桂子
 このワークショップでは、身近な症例を提示しながら「がん患者の呼吸器症状の緩和に関するガイドライン」のエッセンス(=ぜひ知っておいていただきたいこと)を紹介し、臨床現場でどう応用していくかという「ガイドラインの意味」を理解していただくことを目的とした。
 最初に筆者より「ガイドライン作成の立場」として、ガイドライン全体の構造を紹介し、エビデンスレベル(結果の確かさ)と推奨の強さ(治療によって得られる利益とそれによって生じる害・負担のバランス)について解説した。
 続いて「呼吸器科医の立場」として北里大学北里研究所病院呼吸器内科竹下啓先生より、@胸水、A咳嗽、Bがん性リンパ管症、C肺塞栓症の症例が豊富な画像と共に提示され、「治療可能な原因を探し出すという診断力の重要性」が示された。
 次に「緩和ケア医の立場」として神戸大学医学部付属病院緩和ケアチームの坂下明大先生より、ガイドラインのメインである推奨部分の@モルヒネとその他のオピオイド、Aステロイド、B抗不安薬ベンゾジアゼピン系薬についてわかりやすく解説され、「ガイドラインに示された2B、2Cの意味を読み解く重要性」が示された。
 最後に「緩和ケア看護師の立場」としてがん・感染症センター都立駒込病院がん看護専門看護師の宗定水奈子先生より、質の高いエビデンスはないもののガイドラインで紹介されている文献(呼吸法のトレーニング、看護師によるフォローアッププログラム、音楽を聴きながらの歩行やエキササイズなど)が概説され、症例をもとにアセスメントとケアの実際が紹介され、「現場目線の個別性の高いナーシングケアの重要性」が示された。
 会場は満席で立ち見も多く、入りきれない聴講者は会場前に車座になって熱心にメモを取り、さらに終了後も多くの質問者が列を作って演者を囲み、大変な盛況であった。このテーマに対する関心の高さが示され、今後もこうしたワークショップを繰り返し継続していくことが必要であると思われた。

Close