Japanese Society for Palliative Medicine
News Letter No.60
日本緩和医療学会ニューズレター
Aug 2013  60
ワークショップ10
ガイドラインから学ぶ:がん患者の消化器症状の緩和
座長・報告  医療法人 東札幌病院 緩和ケア科  中島 信久
 「がん患者の消化器症状の緩和に関するガイドライン(GL)」が世に出て2年が経ちました。日常臨床の現場において役に立つという声が寄せられる一方で、活用方法に混乱が見られることもあります。「朝イチ」のセッションであるにも拘わらず立ち見も出る大盛況の中、これらの点を整理するべく、4名の先生方にご講演いただいた。
 久永貴之先生(筑波メディカルセンター病院緩和医療科)は、GLの構成、とりわけ2つの「推奨」(嘔気嘔吐と消化管閉塞)と「関連する病態」の取り扱い方の相違について明快に解説された。また、推奨項目の1つである「病態に応じて制吐薬を投与すること」に関する実臨床への適用方法と問題点について解説された。
 M 卓至先生(大阪府立成人病センター心療・緩和科)は、2つ目の推奨である「消化管閉塞」に関して、最初に薬物療法ならびに非薬物療法を含めた治療戦略の立て方について述べられた。ついで薬物療法、とりわけオクトレオチドの適切な使用方法について、症例を通じて解説された。
 片山寛次先生(福井大学外科、NST)は、消化器外科医の立場から「消化管閉塞」の非薬物療法(人工肛門、バイパス、ステント、PEG/PTEG、腸瘻など)の実際を示され、こうした治療戦略を考える場面でのキャンサーボードの開催や消化器外科医が関わることの意義を述べられた。さらに悪性腹水に対するCARTの効果にも言及された。
 宇野さつき先生(新国内科医院、がん看護専門看護師)は、ともすれば堅苦しく思われがちなGLを臨床上の道先案内をするガイドブックに例えながら、現場で生じる疑問を解決するヒントを得る手段として活用する術を事例を通して示された。
 限られた時間の中、フロアから質問がたくさん寄せられ、とてもアトラクティブなやり取りができたように思います。このワークショップに参加した方々がGLの理解をより一層深め、明日からの診療に役立てることができることを確信しております。

Close