Japanese Society for Palliative Medicine
News Letter No.60
日本緩和医療学会ニューズレター
Aug 2013  60
ワークショップ6
意思決定を支えるためのチーム医療
座長・報告  熊本大学大学院生命科学研究部 生命倫理学分野  浅井 篤
座長・演者  株式会社緩和ケアパートナーズ  梅田 恵
 本ワークショップでは、チーム医療で重要な役割を担う5名の専門職から発表があった。がん看護専門看護師の梅田恵氏は基調講演で、チーム医療を緩和ケアの必須の要素と位置付け、多職種チームメンバーによって患者の価値観をより広く受け止め、彼らの自律性や尊厳を維持できることがその本質だと論じた。また各々のチームメンバーの専門性の自覚と表現が大切であると述べた。
 がん診療連携拠点病院でピアサポートに携わる乳がん体験者の丹原博子氏は、患者の不安や悩み、葛藤を傾聴し、日常生活や人間関係の問題等の相談に乗っている現状を報告した。ピアサポートは患者と医師の意志疎通を促進し、他専門職や患者サロンを紹介する機能も果たしている。病院でピアサポートの意義が的確に認識されておらず、十分に普及していない現状も指摘された。
 大学病院緩和医療ケアチームの看護職メンバーである海津未希子氏は「情報共有‐合意モデル」を用いてがん患者の持つ悩みや不安、迷いに対応した事例を紹介し、意思決定における緩和ケアチームおよび看護師メンバーの役割を報告した。意思決定支援ではプロセスをチェックし、患者が自らの「いのちの物語」を医療専門職に伝えられることが肝要だと指摘された。
 薬剤師の川口祟氏は、近年薬物に関する情報提供に加え、患者の意思決定を支援しインフォームド・チョイスに薬剤師が関わる機会が増えている状況が紹介した。また患者のニーズにそって、どんな人にどんな情報を提供するかを検討することが重要だと述べられた。病棟業務を行う薬剤師が直面する障害や、氏が実施中の情報提供に関する研究についても言及があった。
 医師の竹下啓氏は大学附属病院における約五年間の倫理コンサルテーション活動に関する報告を行った。全15件の依頼があり、多くの事例で関係者間にコンフリクトが存在していたが、少人数チームによるコンサルテーション後には関係者間で合意が得られており、倫理コンサルテーションが葛藤解消や意思決定支援に意義があることが示された。

Close