Japanese Society for Palliative Medicine
News Letter No.60
日本緩和医療学会ニューズレター
Aug 2013  60
ワークショップ4
卒後教育の果たす役割
座長・報告  神戸大学大学院医学研究科 内科系講座 先端緩和医療学分野  木澤 義之
座長  慶應義塾大学医学部麻酔学教室 腫瘍センター 緩和医療部門  橋口さおり
 ワークショップ4は、緩和ケア研修会(PEACE)の開催報告とその効果の検証についてが2題(岩手県立胆沢病院:郷右近祐司先生、藤田保健衛生大学:佐々木ひと美先生)、緩和ケア研修会指導者のスキルアップ研修会の開催報告とその課題の検証が1題(弘前大学:佐藤哲観先生)、小児科医のための緩和ケア教育プログラム(CLIC)の開催報告とその教育効果の検証について1題(浜の町病院:永山淳先生)、緩和ケア医を目指す若手医師の教育・研修ニーズに関する質的研究が1題(川崎市立井田病院:西智弘先生)、卒後の専門医の臨床教育に関してホスピス・緩和ケア病棟の果たす役割について1例(六甲病院:安保博文先生)と卒後の緩和ケアの基本教育、専門教育に関してバラエティーに富んだワークショップとなった。特に、マイクをあまり使わず、参加者全員が前に詰めて、ユーモアあふれる発表と熱い討論が繰り広げられた。
 PEACEプログラムを用いた緩和ケア研修会の意義、参加者募集の工夫、魅力ある研修会を開催するための工夫、研修会講師のスキルアップの方法、小児緩和ケアとその教育の現状、緩和ケア医を志向する若手医師のニーズ、緩和ケア病棟における研修で得られるもの、などその内容は多くの示唆に富み、また参加者の意見や質問からその内容が膨らんでいき、インタラクティブな楽しい学びの時間を過ごすことができた。
 長年教育のセッションを担当してきましたが、この分野では、国際学会を含め、最も参加人数が多く、活発なワークショップであったと感じています。改めて演者の皆様と、ともに座長を務めて下さいました慶応大学の橋口さおり先生に感謝申し上げます。

Close