Japanese Society for Palliative Medicine
News Letter No.60
日本緩和医療学会ニューズレター
Aug 2013  60
パネルディスカッション2
スピリチュアルペイン再考
座長・報告  関西福祉科学大学 社会福祉学部臨床心理学科  柏木雄次郎
座長  NPO 法人緩和ケアサポートグループ  河  正子
 当パネルディスカッションは、スピリチュアリティあるいはスピリチュアルペインそのものについて再考し、臨床現場ではどのように対応してゆけるのかを討議・探究することを目的として企画いたしました。
 金子和彦先生には、外科医・緩和ケア医としてスピリチュアルケアを実施するに際して、当初は困難を感じられながらも、村田理論に出会われて、さらに認知行動療法に至られたことを伺い、認知行動療法の要素を取り入れた「双方向性の気持ちいい会話」を行うことの有用性についてご報告いただきました。村瀬正光先生には、腎臓内科医として腎不全終末期を診られたご経験、正式な仏教僧侶としてのご立場、精神科臨床のご経験の後に緩和ケア医となられた現在のお立場などを踏まえて、医療現場における宗教家(チャプレンなど)の活動についてご報告いただきました。田村恵子先生には、日本を代表するホスピスでの長年にわたるがん看護専門看護師としての御立場から、Spiritual Pain AssessmenSheet(SpiPas) を用いることによって、患者のスピリチュアルペイン評価のみならず、患者の苦痛表出を促すと同時にケア提供者の姿勢にも望ましい影響を与え得ることをご報告いただきました。伊藤高章先生にはNational Consensus Project for QualityPalliative Care に基づいてスピリチュアリティを再定義していただき、実施されるケアとしてはNarrativeな対話型ケアが望ましいが、それと共に「スピリチュアルペインは必ずしも取り除くべきものではない」ということをご報告いただきました。
 その後の総合討論を通じて、スピリチャルペインは容易に軽減・解消できるものではないが、今回提示いただいたアプローチ(認知行動療法、宗教、SpiPas、Narrativeな対話型ケア)のいずれであっても、「ケア提供者が苦悩する患者に寄り添い支えること」が望ましいケアであると改めて思い至りました。

Close