Japanese Society for Palliative Medicine
News Letter No.60
日本緩和医療学会ニューズレター
Aug 2013  60
シンポジウム5
全人的医療の実践を目指した取組み
座長・報告  NTT 東日本関東病院 緩和ケア科  堀  夏樹
座長  YMCA 訪問看護ステーション・ピース  M本 千春
 与えられたテーマは非常に包括的であるため、定義から始まる直截的なものではなく、基調講演もなく、様々なこころみを切り口として、そこから自由に全体像に迫る形態のシンポジウムであった。
 個別発表は、中尾看護師による家族の悲嘆へのアプローチから始まった。氏は看取り時の家族反応についての詳細な統計的解析結果を解説し、これが死別後の複雑性悲嘆を予測する手法の一助になる可能性を示した。ついで補完代替療法によって患者・家族の希望を支える試みを行っている遠藤氏は、医学的エビデンスははっきりしないものの、気功・鍼灸などにより一定の満足感が示された例を提示した。第三席の國枝氏は、医療リソースの乏しい地方の精神科病院における緩和ケアの取り組みを示した。氏は自ら外科医から精神腫瘍医に転じた経緯と、それに重なるようにスタッフが精神疾患を有する患者への緩和ケアへの理解を深めていった事実を、ひとつの成長としてとらえた。第四席でPCU(緩和ケア病棟)における病状理解程度や在院日数の多寡、年齢などがスタッフの苦痛評価にどうつながるかを解析した金井氏は、スタッフによる苦痛の過小評価とこれらの要因との統計学的関連を示した。
 総合討論では、家族、補完療法、精神疾患、苦痛評価などをキーワードとして、それぞれのシンポジストが行っている医療・ケアの目標やそれらを実行するにあたって必要な視点・姿勢について討議し、型にとらわれず(こういうことをするべきだとはこだわらず)、多職種で(ひとりでかかえこまない)、希望を支え(たとえ奇跡であろうと)、かつ一定の冷静な距離感をもつことが重要とされた。司会の濱本氏より提案された地域への展開については、補完療法への無理解のため地域から浮いてしまっている事実もあるが、自らが行っている医療について、目に見える関係性のなかで支援をする意思が重要であり、学会(サイコオンコロジーなど)のホームページへのアクセスも手助けになることが示された。

Close