Japanese Society for Palliative Medicine
News Letter No.59
日本緩和医療学会ニューズレター
May 2013  59
巻頭言
忘れものを届けに
国立がん研究センター 東病院臨床開発センター 精神腫瘍学開発分野
小川 朝生
 新年度を迎え、皆様方それぞれ新しい年度の計画を立て、新しい出会いを経験されていることと存じます。緩和ケア研修会や緩和ケアチーム研修会、各職種の研修会などに声をかけていただき、患者さんご家族の精神心理的ケアについて一緒に考える機会をいただけることを感謝申し上げます。
 精神心理的ケアに留まらず、緩和ケアやがん医療、在宅医療などあちこちの領域で、「連携」や「多職種協働」が求められています。
 がん医療に目を向ければ、治療場面では医療者と患者・家族間のコミュニケーションの問題に加えて、専門分野間の連携や職種間の協働、病院と在宅医療との連携、医療と介護の連携など、各医療サービスの分断が問題とされています。非専門家と専門家の溝が大きいだけではなく、専門家間の溝も大きく、その溝を埋めることの難しさに直面しています。がん治療が高度化し専門分化が進んだ一方、そこで知らぬうちに忘れてしまったもの、失ったものをあえて意識して考え直さなければいけない時代が来た、ということでしょう。
 がん医療でも高齢者医療、認知症医療でも、それぞれが「安心して暮らせる街作り」を目標と唱えています。このことが示しますように、医療とはみなの共有の財産であり、それは生活であり、地域そのものでもあります。私たちが「○○チーム」と改めて名付け、あえて「地域」連携と呼ぶものは、病気の治療だけではなく、各専門に分化された治療でもなく、家族や地域の親しい人とともに生活することをどのように支援するか、私たちの姿勢そのものを問いかけているのだと思います。
 協働が求められる背景には、「ケアの質がよくなる」とか「連携を進めた方が効率がよい」というシステム上の問題だけではないでしょう。医療者もみなも、「はじめから終わりまで」「一緒にやりたい」のです。みなで同じ問題を共有し、あれこれ議論し、時にはけんかをしつつも、力を合わせ、解決し、喜びも悲しみも分かち合いたいのではないでしょうか。
 「忘れものを届ける」お手伝いができる、精神腫瘍であり緩和医療を考えていきたいと思います。会員皆様のお力添えをいただけましたら幸いです。

Close