Japanese Society for Palliative Medicine
News Letter No.56
日本緩和医療学会ニューズレター
Aug 2012  56
パネルディスカッション1
否認をする患者への対応
座長・報告  千葉県がんセンター精神腫瘍科  秋月 伸哉
座長  独立行政法人国立がん研究センター東病院 緩和ケア病棟
關本 翌子
 否認は緩和医療の領域で頻繁に耳にする言葉ですが、その概念や対応はそれほどよく知られていません。否認について理解を深め、実践に役立つセッションをめざし、同じく座長を務めた国立がん研究センター東病院看護部の關本翌子先生、演者の皆さんとメール上の議論を交わして当日に望みました。
 最初の演者は嬉野医療センター看護部市川瞳先生で、医療者が提案する治療を拒否する患者へのケアを紹介しました。治療拒否の背景に否認があることもありますが、この症例はあえて否認ではない葛藤に対するケアを提示しました。続いて国立がん研究センター東病院の藤澤大介先生から否認について概念整理、対応の原則についてミニレクチャーをしていただきました。「私たちは常に死を否認して生活しており、それは健康なことである」という話題から始まり、ストレスから心を守る仕組みとしての否認という概念、否認が問題になったときの考え方まで説明されました。否認の概念整理をした上で再び症例の検討として、国立がん研究センター東病院看護部の田中優子先生が、患者の否認に医療スタッフが戸惑い、ストレスを感じた時に専門家チームがどのように医療スタッフを支えたかという症例を紹介し、続いて同じくチームの臨床心理士である能野淳子先生から、がん治療初期には良い方向に機能していた否認が終末期に近づくにつれ問題となり、さらに身体状態の悪化に伴い否認が機能しなくなりうつ病に至った症例のケアを紹介しました。
 セッション全体を通じて、否認の良い面、問題となる面をどのように評価し、一般的な葛藤と少し違った否認へのアプローチを具体的な症例を通じて紹介することができたように思います。臨床的に困ることが多い問題であるためか、学会初日の最初のセッションだったにもかかわらず立ち見が出るほど参加者が集まって下さったのも印象的でした。

Close