Japanese Society for Palliative Medicine
News Letter No.56
日本緩和医療学会ニューズレター
Aug 2012  56
シンポジウム1
緩和ケアチームが精神心理的ケアを提供する工夫
座長・演者・報告   国立がん研究センター東病院
臨床開発センター 精神腫瘍学開発部
小川 朝生
座長  岡山大学病院 看護部  馬場 華奈己
 緩和ケアチームの活動が徐々に成熟し、従来の疼痛コントロールに加えて、さまざまな精神心理的ケアの提供にも期待がかけられるようになった。本シンポジウムでは、以上の背景を踏まえ、緩和ケアチームがいかに周囲と連携し、精神的ケアを提供するかについて、積極的に取り組んでいる演者を招いて情報を交換することを目的に開催した。
 まず、国立がん研究センター東病院緩和医療科の松本禎久先生は、緩和ケアチームにおける身体症状緩和医師が、身体症状緩和と同時並行で精神症状緩和に対応する必要性について事例を挙げつつ解説し、症状変化時の対応の統一や家族ケアを見越した対応の重要性を示された。次に、甲南女子大学看護リハビリテーション学部の田中登美先生は、急性期一般病棟に対するがん看護専門看護師のコンサルテーション活動を踏まえて、どのような情報を共有するのかと、目標を設定することの重要性を解説された。続いて、のぞみの花クリニックの古賀友之先生は、在宅チームにおける精神心理的ケアについて触れ、在宅という医療者が孤立しがちななかでの情報共有と専門的なバックアップの重要性を指摘された。最後に市立札幌病院精神医療センターの上村恵一先生は、精神科医の立場から精神科医も医学モデルにしばられがちであること、キュアとケアを意識した介入モデルを意識する重要性を説かれた。各演者の発表の後、演者を中心に意見交換を行なったが、各職種の専門性を意識した情報共有の重要性と、情報の重要性を選択する上での専門的なバックアップの重要性を指摘する意見が多かった。今後、診断時からの緩和ケアが推進される中、治療と一体となった精神心理的ケアをいかに展開するかを考える重要な機会となった。 

Close