Japanese Society for Palliative Medicine
News Letter No.54
日本緩和医療学会ニューズレター
Feb 2012  54
ワークショップ5
緩和ケアにおける多職種協働―コメディカルからメディカルへ
座長・報告  医療法人 東札幌病院  田村 里子
 緩和医療において多職種協働は不可欠であり、そのチームメンバーは今日ますます多岐にわたってきています。緩和ケアにおける多職種協働をテーマにしたワークショップにおいて、埼玉県立がんセンターの余宮きのみ先生と共に座長をさせいただきました。
 まず専門職メンバーが各々の役割について実践を交え紹介し、次に座長の余宮先生が提示くださった事例を基に、カンファランス形式でそれぞれの職種の視点から介入のアプローチの可能性を議論しました。
 十和田市立中央病院看護局看護管理室の太田緑氏は、「多職種の専門性を活かす緩和ケアチーム〜院内外チームの活動と緩和ケア認定看護師の役割」を、白十字訪問看護ステーション秋山正子氏は、「訪問看護師が関わる緩和ケアでの多職種協働」について、また、静岡がんセンター栄養室の稲野利美氏は、「緩和ケアにおける栄養士のかかわり」を、慈成会東旭川病院の里見眞知子氏は、「朝のラウンドから始まる薬剤師業務」について、島根大学医学部附属病院の太田桂子氏は、「緩和ケアチームにおけるMSWの役割と多職種協働の実際」を発表されました。後藤学園附属リンパ浮腫研究所の後藤佳代子氏は、「緩和医療におけるリンパ浮腫ケア」について、近畿中央胸部疾患センターの目良幸子氏は、「緩和ケアにおける作業療法士の役割と多職種との共同について 現状と課題」を話されました。
 さらに、特別発言で「がん医療とコメディカル」の著者で医療ジャーナリストの福原麻希氏は、がんナビや朝日新聞の連載、チーム医療推進協議会など、多職種協働の推進にむけエールを発信されました。
 大変盛りだくさんの内容ながら、事例を通した議論では、各職種の専門性や考え方が浮き彫りとなり、多職種協働の一端をフロアーの参加者と共に体験する機会となりました。

Close