Japanese Society for Palliative Medicine
News Letter No.53
日本緩和医療学会ニューズレター
Nov 2011  53
口演2

在宅医療(在宅緩和ケア)

座長・報告  医療法人社団良仁会 ウィメンズクリニック金上麻酔科  安藤ひろみ
 「家で死ぬこと、生まれること」を身内で体験したことがない世代が殆どの現状、第一線で活躍されている医療者の皆様も例に漏れずではないでしょうか。
 今回のセッションには病院をはじめとする施設で活動されている方、または施設から地域に目を向けられるようになった方、実際地域に活動の場を移された方々が集まられたと思います。
 在宅医療の現場は患者さんのいわいるホームで1対1で向き合うことが基本です。医療に関わるケアを客観的に評価することは大変難しいことです。またケアを受けた方の満足度は緩和ケアのケースでは実際知ることが出来ません。家族の捉え方になってしまうかもしれません。今回Quality Indicatorを用いることにより数値化することも可能になる試みは大きな収穫の様です。様々な職種が関わるものの結果的に医療提供者側の自己満足で終わってしまわないことが在宅ケア(個別ケア)として重要だとあらためて考えさせられました。
 スムーズな在宅移行に必要なfactor は何か、介護だけではなく医療行為も任せられるのが在宅療養での現状です。家族は不安をたくさん抱えておられることでしょう。でも主介護者は大切な家族のために頑張ります。地域の診療所がどれくらい在宅看取りに対応することで限られた医療資源を有効に利用出来るのか、施設医療現場から地域に目を向けるスタッフはどのように育成するのか、患者さんの不安を軽減するためにも同一機関の方々の支援は有用でしょう。地域住民も巻き込んで在宅緩和ケアの可能性を啓発する事業を行った報告、在宅療養にかかる費用の疾病別比較検討などと盛りだくさんの内容でした。印象的だったのは最後の時間を手厚く介入することで独居者でも自分の生活の場で終焉を迎えられる神戸みどり病院の取り組みでした。
 「病院から地域へ」が今回の大きなテーマでした。具体案を積み重ねることによってより良い明日への展望が拓かれたセッションでした。

Close