Japanese Society for Palliative Medicine
News Letter No.53
日本緩和医療学会ニューズレター
Nov 2011  53
ワークショップ3
多様な療養の場におけるend of life careの実践
座長・報告・演者  医療法人ならの杜 たんぽぽクリニック  中井 祐之
 高齢化社会、多死社会を迎えて医療提供体制の変革が迫られる中、様々な療養の場でend of life careの試みが始まっている、それぞれの現場から実践の重要ポイントについて学びを深めたい、という企画の趣旨を冒頭に座長から紹介した。中井は、有床/在宅療養支援診療所において入院と在宅での緩和ケアと看取りを実践し、この体系進展には有床診療所の明確な位置づけが必要なことを述べた。梁は、シームレスに在宅と入院が選択できる「街角のホスピス緩和ケアシステム」として構築した有床診療所での在宅と入院の看取りの実績に基づき、有床診療所による有効なホスピス緩和ケアが可能、課題は診療報酬の整備、と報告した。清水は、急性期病院に緩和ケア病床、緩和ケア外来、緩和ケアカンファレンスを整備し、医療圏の開業医と連携して患者の希望に沿った療養場所の提供を進め、24 時間緊急時の対応を保証して開業医による在宅医療、急性期病院における看取りを行う「がん地域連携を考える会」の実績を報告した。山田は、緩和ケア病棟をもつ病院に在宅緩和ケア専門の往診クリニックを併設し患者が住み慣れた所で最後まで過ごせる支援システムを開始し、在宅専門クリニックより低い在宅死率50%の成績に関して、急性期病院への入院、病棟看取りの社会ニーズについて考察した。西川は、特別養護老人ホームにおいてより良い意思決定支援を目的として入居者・家族に終末期についての説明会を実施する介入研究を行い、説明会前後での意思決定の変化、施設での看取りの希望者が有意に増えたことなどを報告した。江守は、在宅療養支援診療所、訪問看護ステーション、居宅介護支援センター、訪問ヘルパーステーションを併設する地域優良賃貸住宅において、非がん疾患も視野に入れた新しい看取りの場所としての集合住宅の可能性について報告した。フロアと演者間で有床診療所、訪問診療、介護施設、緩和ケア病棟など多様な立場から施設、制度、ケアの質など多岐にわたって活発に討論が行われた。

Close