Japanese Society for Palliative Medicine
News Letter No.48
日本緩和医療学会ニューズレター
Aug 2010  48
口演5
OPTIM システム
座長・報告   社会保険神戸中央病院 内科 緩和ケア病棟  新城 拓也
 OPTIM(平成20年度から、日本の4地域で行われている緩和ケア普及のための地域プロジェクト)に関する研究の成果として4演題の発表と質疑が行われた。
 山田らは、地域のがん患者、遺族調査から、病院の医師に対する臨床へのフィードバックを行う研究を発表した。「患者家族の気持ちにより添って一緒に考える」こと、「生きる希望を支えること」の重要性を指摘した。
 山川らは、緩和ケアの普及にインターネットのホームページを活用することを発表した。多くのアクセスのうち、退院支援プログラムや、諸症状の説明に使うパンフレット、評価ツールのアクセスが多いことを発表した。ホームページの活用は、コストの問題もあるが、有用であると結論づけた。
 野末らは、介護保険の迅速化介入について発表した。介護保険の審査結果を待っている間に死亡する患者が多いことを指摘し、また迅速化によって年々減少していることを発表した。終末期がんでは病状悪化が急速なことから、制度の抜本的な検討が必要であることを指摘した。
 平井らは、がん患者と遺族の緩和ケアに対する認識について発表した。郵送による質問紙調査で、半数近いがん患者と3割が、「緩和ケア」自体を知らない事を指摘した。地域での緩和ケア普及の啓発が必要で、どのような情報提供が有効であるか今後の研究が必要であることを指摘した。

Close