Japanese Society for Palliative Medicine
News Letter No.48
日本緩和医療学会ニューズレター
Aug 2010  48
口演3
OPTIM 教育
座長・報告  社会保険神戸中央病院 内科  岡田 雅邦
 OPTIM研究における成果について、医師、MSW、薬剤師、看護師それぞれの立場から発表が行われた。
 浜松医科大学第2外科の福本氏は、麻薬に不慣れな医師が簡便かつ安全に麻薬導入ができるシステムとして麻薬導入タイトレーションパスを作成し導入したところ、必ずしもパスを使用しなくてもレスキュー、制吐剤や下剤といった麻薬導入時に併用すべき薬剤の処方率が改善し、患者のQOL向上につながったという成功例を紹介した。聖隷三方原病院浜松がんサポートセンターの赤澤氏は、緩和ケア普及のための小冊子をどこに配置するのが手に取ってもらうために一番効果的であるかを調べたところ、人の通行量が多い場所で、なおかつ積極的治療中でも手に取りやすい抗がん治療に関する情報と併せて提供することが有効であったことを示した。浜松レモン薬局見方原店の前堀氏は、外来でオピオイド処方が開始された患者の80%が自宅で鎮痛不良や副作用、レスキューの使用方法が分からないといった問題を抱えていることに対し、処方後適宜患者宅へ電話モニタリングを行うことで適切に対応し、自宅でのQOL向上に役立っている現状を報告した。国際医療福祉大学大学院医療福祉研究科の末田氏は、がん患者の家族が感じる介護負担感に関して多施設での遺族調査を行ったところ、病院や緩和ケア病棟で死亡したものに比べて在宅で死亡した患者の家族の負担度が低い傾向になることを示したが、会場からも、在宅での介護負担を心配する家族にとって安心して在宅へ移行してもらうためにも大変有用なデータであるとのコメントがあった。
 浜松地域からの報告であった前3題は、よりスムーズな支持療法の導入のための提案として他地域においても参考となる秀題であったし、最後の演題は在宅での看取りが患者本人だけでなく家族にとって意義深いものであることを改めて感じさせるものであった。

Close