Japanese Society for Palliative Medicine
News Letter No.48
日本緩和医療学会ニューズレター
Aug 2010  48
口演1
OPTIM QOL・家族ケア
座長・報告  東京厚生年金病院 緩和ケア科  金石 圭祐
 このセッションではQOL・家族ケアについて4つの口演が行われた。
 最初の口演は聖隷三方原病院の大谷弘行先生から「看取りのパンフレットを用いた家族への介入研究」の発表であった。看取りのパンフレットが「実際に家族が役に立つとおもっていること」に対する調査結果から作成されたもので、その有用性が報告された。
  2番目は東京大学大学院医学研究科の山岸 暁美先生から「外来進行癌患者の疼痛とQuality of Lifeに関する多施設調査」の発表であった。外来進行がん患者の疼痛やQOLを多地域・多施設で把握した初めての研究で、療養場所や医師への信頼などの項目は評価が高かった一方で、疼痛緩和などの項目でその改善の必要性について報告された。
 後半2演題は共に東北大学大学院医学研究科 保健学専攻緩和ケア看護学分野の宮下光令先生からの発表であった。3番目は「地域の病院(一般病棟、緩和ケア病棟)、診療所のがん患者の遺族による緩和ケアの質の評価」であった。地域での多施設における包括的な国内初の大規模遺族調査で、全般的満足度など評価の高かった一方で、疼痛の緩和が十分な水準に達していないと考えられることが課題として報告された。4番目は「がん医療に対する安心感尺度の作成と関連要因」であった。がん医療に対する安心感尺度の妥当性と信頼性が確認されたことについて報告された。
 がん患者・家族のQOLの向上は重要な課題であり、今後これらの研究のさらなる成果が期待されたセッションであった。

Close