Japanese Society for Palliative Medicine
News Letter No.48
日本緩和医療学会ニューズレター
Aug 2010  48
パネルディスカッション5
実証研究から見るスピリチュアルケアの方向性
座長・演者  淀川キリスト教病院 ホスピス  田村 恵子
座長・報告  NPO法人緩和ケアサポートグループ  河 正子
 本パネルでは3人の演者に、患者のケアに直接関わるデータに基づいて臨床のスピリチュアルケアに示唆を与える知見を発表していただいた。対象の背景もデータの集積や分析方法も異なるものでありながら、共通する方向性が見出されて興味深い内容であった。
 森田達也氏からは、患者自身が望む「スピリチュアルケア」を明らかにするために、89名のがん患者への構造化面接を実施、内容分析を行なった結果が紹介された。先行研究による精神的苦悩の暫定的な概念に基づく8つの苦悩について、それらを和らげることに役立っていると患者自身が感じた方策が整理されるとともに、方策の具体例の提示があった。日常臨床で役立てられる内容として印象に残るものであった。考察からは「その方が何を大事にしているかを知ろうとすること」「その方が『わかってもらえた』と感じられること」がケアの核心にあるということが伝わってきた。最後に「わかってもらえた感」を患者がもてるためにどうすればよいか明らかにする研究が必要であるとの課題が示された。
 佐藤泰子氏は、病院の一画で開かれているがん患者サロンの事例から、患者の「語り」を患者が「聴く」ことの意味を、「苦しみの構造」の図解をとおして論じられた。「聴く」人が患者であるからこそ、語る患者は「つらさをわかってもらえた」と感じることができる。また、この関係では聴き手が自己の新たな役割に出会い、生きる意味を回復できるということもある。患者が「こうありたいという事がら」のゆえに現在の事態をゆるせない、苦しいという「思い」であるとき、「こうありたい事がら」を動かし変えることは困難でも、「思い」の方を患者自身が動かし始めることができる。そのために「聴くこと」や「情報・意見の提供」がささえとなる。何よりも「つらさをわかってもらえた感」をもつことがスタートとなる。発表全体からそのような主旨を受けとれたと思う。
 田村恵子氏は、ホスピスで村田理論に基づくカンファレンスシートを用いて毎週実施している医師と看護師によるスピリチュアルケアカンファレンスについて分析された。101回のカンファレンスで対象となった患者50名のスピリチュアルペインの内容、緩和・増強に影響する事柄、ケア計画の内容が紹介された。実際の事例のカンファレンス経過も示された。ケア計画の分析からは、患者・家族の橋渡しとなる家族ケアの重要性や、患者・家族の病状理解の確認などの重要性が示唆されている。分析結果のみならず、カンファレンスで、まず医療チームの介入ニードの有無を検討すること、不足している情報の確認の計画をたてることなど、実施方法についても発表から学ぶことが多くあった。
 ディスカッションの時間には、会場から3人の方の質問やコメントがあり、発表内容の理解をさらに深めることができた。本パネルのキーワードの一つは「わかってもらえた感」であったように思う。その感覚をもってもらえるケアの可能性につながる各演者からの発言のいくつかを紹介して、まとめとしたい。
 「わかってもらえて嬉しいと言われるようなときには、聞くことに徹し、相手に関心を寄せている」「患者さんに語ってもらうことで、患者さん自身が自分の思いをほんとうにはわかっていなかったことに気づくこともある」「人それぞれに多様な価値観があることを認めよう」「患者さんが非現実的な希望をもつのは当たり前のことといえるだろう」「よい聴き手になるためには、自分の価値観を保留にしよう」

Close