Japanese Society for Palliative Medicine
News Letter No.48
日本緩和医療学会ニューズレター
Aug 2010  48
シンポジウム3
がん患者・家族とのコミュニケーション
座長・演者・報告
独立行政法人国立がん研究センター東病院 緩和医療科  木下 寛也
座長・演者
独立行政法人科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業 岡ノ谷情動情報プロジェクト
小山 富美子
 第15回日本緩和医療学会総会ではどのシンポジウムも多数の参加者の熱気が伝わってきました。本シンポジウム「がん患者・家族とのコミュニケーション」においても多数の方に関心を持っていただきお礼申し上げます。当日参加できなかった会員の皆様のために、概略をご紹介させていただきます。
 緩和医療において様々な場面でコミュニケーションは重要な役割を果たし、医療従事者にとってその知識と技術の習得は必須と考えられます。そこで、まずわが国において、患者の意向に基づいたがん医療における悪い知らせの伝え方の研究に携わってきた藤森先生に研究の成果とその結果に基づいた「SHARE」プロトコールについて紹介していただきました。また、全国展開で開催されているコミュニケーション技術研修会が紹介されました。次に九州がんセンターの鵜池先生がオンコロジストの立場から、特に造血幹細胞移植療法という常に生と死の狭間にいる患者とのコミュニケーションについて、自らの経験に基づいて「双方向のコミュケーションと支援」の重要性とそのプロセスについて具体的にお話しされました。続いて、千葉県がんセンターサポ?ティブセンター(おそらく日本でこの名称のセンターは唯一)の坂下先生が、「早期からの緩和ケアの導入と円滑な在宅医療への移行」におけるコミュニケーションについて、症例を呈示しながら「SHARE」における「RE(安心感と情緒的サポートの提供)」を使いながら、患者・家族の目標設定/修正のサポートをいかに行っていくかを示されました。最後に、木下からは家族とのコミュニケーションについて、家族が第二の患者であると同時に家族自身も身体的・精神的な問題を抱えていることの可能性に対する注意、家族が自らのこころのつらさを訴えることについての困難、患者と家族の思いをつなぐコミュニケーション等について説明しました。
 総合討論では、「家族が患者への告知を反対する場合」「不安が強く、退院が出来ない患者・家族へのアプローチ」「余命について尋ねられたときの対応」「高齢者への対応の際の注意」「共感のセンスを磨くには」などについて各演者の意見を述べました。
 シンポジウムという性質上、フロアとの議論は不十分であったと思われますが、コミュニケーションは重要なテーマであり、今後の学会においてもセッションが組まれることを希望して筆をおきたいと思います。

Close