Japanese Society for Palliative Medicine
News Letter No.44
日本緩和医療学会ニューズレター
Aug 2009  44
学会印象記
第14回日本緩和医療学会学術集会
埼玉医科大学国際医療センター 包括的がんセンター
がん相談支援センター/緩和ケアチーム
MSW 御牧 由子
 緩和医療はその実践者や研究者が医療、ケア、あるいは相談支援に関する知識の獲得や技術の向上に努めると共に、患者および家族に対する人間観、QOLの視点、倫理観、生命観や死生観といった個人の内面的価値観を掘り下げることを必要とする。すなわち、緩和医療の実践や研究において患者の生と死を見つめることによって、医療従事者である我々もまた現代社会に生きるひとりの人として、自分自身の命、生活、死といかに向き合うのかが問われている。
 「緩和医療〜原点から実践へ〜」をテーマとした第14回日本緩和医療学会学術大会は、まさに緩和医療の基盤をなしている価値とそれに基づいた実践について「公」と「私」の両面から考察する機会となった。
 「スピリチュアルケアの支えとなるもの〜社会・心理・文化的考察」に関するシンポジウムでは、関西学院大学大学院死生学・スピリチュアリティ研究センターの藤井美和先生が生と死に直面している人は自分自身のいのちに向き合い、生きる意味や自身の存在そのものを問うており、そのような人の傍におらせてもらおうとするなら、まず自分自身が自身の死生観に向き合わなければならないことを強調された。また、「心理社会的サポートとは何か」に関するシンポジウムでは、静岡県立静岡がんセンターMSWの福地智巴氏が、患者と家族の尊厳を守り自律を支えるためには、生活におけるその人の取り組みや生き様をアセスメントすることが重要であると述べられた。2日間にわたり症例検討、緩和ケアチームのあり方、地域連携などの実践について数多くの研究発表と多職種による活発な討議がなされた。さらに「世界各地における緩和ケアの現状と課題」についてのセッションでは、独自の文化や社会的背景に立脚した緩和医療の研究や実践が求められていることを改めて実感した。
 本大会の開催にあたりご尽力いただいた大会長の恒藤暁先生はじめ大会組織委員会の先生方ならびに学会事務局の方々に深く感謝申し上げます。

Close