Japanese Society for Palliative Medicine
News Letter No.44
日本緩和医療学会ニューズレター
Aug 2009  44
シンポジウム8

緩和医療の研究をいかに進めるか
〜実際に研究を進めるためのノウハウ〜

座長・演者・報告  名古屋市立大学大学院医学研究科 精神・認知・行動医学分野
名古屋市立大学病院こころの医療センター、緩和ケア部
明智 龍男
座長・演者  聖隷三方原病院 緩和支持治療科  森田 達也
 第14回日本緩和医療学会総会において、シンポジウム「緩和医療の研究をいかに進めるか-実際に研究を進めるためのノウハウ」の座長を務めさせていただきましたので、参加できなかった会員の皆様のために、本シンポジウムの概要についてご紹介させていただきます。
 臨床研究とは「医療における疾病の予防方法、診断方法及び治療方法の改善、疾病原因及び病態の理解並びに患者の生活の質の向上を目的として実施される医学系研究であって、人を対象とするもの」をいいます(厚生労働省「臨床研究に関する倫理指針」より)。従いまして、緩和医療やサイコオンコロジーにおいても、よりよい医療を提供するためには臨床研究の施行が不可欠です。本シンポジウムは、もう一人の座長の聖隷三方原病院の森田先生の「我が国の緩和医学の発展は、国際的な水準の研究を実施することなくしてない」とのお考えが元になり開催されました。
 シンポジウムでは、まず明智がサイコオンコロジーの研究者の立場から、終末期がん患者を対象として精神症状の予測因子を検討したコホート研究の実例を紹介することを通して、サイコオンコロジー領域の研究をデザインし実践していくプロセスについてお話させていただきました。あわせて検証したい因果関係以外の要因(ランダムエラーやバイアス)の影響を可能な限り最小化するために研究のデザインが重要であることに言及致しました。次に、東京大学の宮下先生が、緩和医療の研究者のお立場から、宮下先生が主任研究者として関わられた「日本人における望ましい死とその達成」に関する一連の研究について、研究を実施する際に必要であった準備、実際の調査研究の方法、そして学術論文として公表するためのプロセスについて極めて具体的にご紹介されました。三人目の演者は東京大学の佐藤先生が大学院生のお立場から、研究の初学者であった佐藤先生が、先輩の研究者から多くのサポート(具体的には文献検索の方法、研究方法の信頼性や妥当性の検証、研究の実施可能性や倫理的問題、そして分析の計画や研究の意義など)を受けることで質の高い研究を実践することができたご経験に関してお話されました。最後に、森田先生が、医学雑誌「Journal of Pain and Symptom Management」などのEditorial Boardsとして多くの論文を査読するお立場から、研究のポイント(特に国際水準の研究たらしめるために、あらかじめ研究計画書をきちんと作成しておくことが大変重要であること)および論文としてまとめる際のこつ(無駄を省き論拠を明確にした英語表現を用いることの重要性など)についてお話されました。
 90分と限られた時間であったため残念ながらフロアとのやり取りを行う時間を設けることができなかったのですが、内容が大変実践的なものであったため、多くの緩和医療従事者の皆様にとって、今後の研究活動のための一助となったのではないかと思います。御存知のように緩和医学には研究方法論上、多くの困難や難しさが存在することが知られています。だからこそ、アカデミズムを支える学会活動の一環として、これからの学会でも研究、中でも研究方法論に関してのセッションが設けられることを希望して筆をおきたいと思います。

Close