Japanese Society for Palliative Medicine
News Letter No.39
日本緩和医療学会ニューズレター
May 2008  39
学会印象記
がん医療に携わる医師に対するコミュニケーション技術研修会に参加して
君津中央病院・放射線治療科  清水わか子
 2月7日〜8日、立春の残雪のある千葉県柏市のさわやか千葉県民プラザで行われたコミュニケーション技術研修会に参加した。日本緩和医療学会ワークショップに参加された先生から「大変なセミナーだ」と伺い、期待と不安の入り混じった奇妙な感覚を持って会場に到着した。
 研修会は膨大なアンケート記入で始まった。続いてファシリテーター・スーパーバイザーの先生方・模擬患者の皆様の自己紹介があり、その後、受講者4名一組に分かれてのグループ学習となった。ほとんど坐学はなく、2日間で一人2回、全8回のバーチャル診療経験をした。技術研修の「キモ」は「悪い知らせを伝えるための実践的技術」である「態度や行動の枠組み」としてのSHAREプロトコール(以下SHARE)の体験と習得であった。
 放射線治療医として緩和医療に関わり、国立がんセンター東病院勤務でかじったSPIKESの可及的実践を心がけて約10年になる。それが今のコミュニケーション技術として通用するか否かが受講前の不安であり、SPIKESよりも簡便で即戦的な技術の取得が期待の中身だった。結果的には、不安も期待も的中しなかったが、毎日の診察を見直し、そのプロセスをSHAREに沿う形で整理できたのは大きな収穫であった。
 技術的枠組みとしてのSHAREは理解しやすいが、貧弱な日本医療のハード面やマンパワーなどを考えると、SPIKESと同様に多少「現実離れ」している部分もある。今後は、受講者がSHAREに内在する「医の原点」を十分に認識し、形骸化しないことが重要なのではないだろうか?少なくとも、かつて「接遇」という掛け声のもと、「患者様」という奇妙な言葉を作り出したような愚を繰り返してはならない。研修会の後、そんな思いが頭をよぎる。
 最後に、内富先生はじめ研修会の企画運営にあたられた諸先生方・スタッフの方々および模擬患者の皆様に心からお礼申し上げたい。とりわけ、バーチャルを忘れさせるほどの名優だった模擬患者の皆様、本当にお疲れ様でした。

Close