Japanese Society for Palliative Medicine
News Letter No.38
日本緩和医療学会ニューズレター
Feb 2008  38
学会印象記
H19年度第1回「がん医療に携わる医師に対するコミュニケーション技術研修 (CST)」に参加して
市立長浜病院放射線科  伏木雅人
 2007年10月18日(木)と19日(金)に、大阪の天満研修センターにて上記研修会が開催されました。JPOS(日本サイコオンコロジー学会)とPMET(医療研修推進財団)との協力で、4回シリーズの皮切りでした。申込が非常に多かったそうですが、16名の受講者に幸いにも小生も加わらせていただけました。集合早々のアンケートが長大で、内富先生の開会挨拶中も記入しつつ30分かかりようやく仕上げたとたんにそれぞれの会場に移動です。4名の受講者と2名のファシリテータの組み合わせに加え、2名のオブザーバが一部屋でした。最初にSHAREプロトコールの説明の後、実践となり模擬患者さんを前に難治がんを伝えるロールプレイです。医師役が大汗をかきつつ四苦八苦しているとファシリテータから小刻みに中断がはいり、受講者とファシリテータ全員での反省と分析を繰り返しながらSHAREを体感で覚えるこの方法は当初、まどろっこしく感じましたが結果的には早道で、全員がスムーズにスキルを上げていけました。二日目は再発や治療の中止を伝えるシナリオで、模擬患者さんがより難しい症例を演じていただき、さらに困難を極めましたが、計8回のロールプレイで身につけた、SHAREの骨子でもある患者さんの感情を重んじ、沈黙も使いつつ聴き取る対応を用いて、全員がなんとか切り抜けました。今回身につけた最大のポイントは「患者心理を思い遣り聴き取ること」と考えます。これなくしてのコミュニケーションはあり得ません!
 本来ならがん医療に携わる医師全員の受講をお勧めしたいですが、ファシリテータも模擬患者さんもまだ少なく、また臨床の忙しさの中でセミナー参加の時間も取れない方々には、セミナーの要点が「がん医療におけるコミュニケーション・スキル−悪い知らせをどう伝えるか(編集:内富庸介先生、藤森麻衣子先生)」で医学書院から出版されています。DVDの実演と解説でも理解しやすく学べますので、ぜひ一読ではなく熟読をお勧めします。
 最後に今回参加の受講者とそれ以上の数のスタッフや模擬患者の皆様の全員の熱意で造り上げた実り多きセッションに最大級の感謝をこめて、そして一日も早く全国津々浦々に伝わることを念じて報告を閉じます。大変ありがとうございました。そしてこれからも息長く、頑張りすぎずに頑張りましょう!

Close