Japanese Society for Palliative Medicine
News Letter No.38
日本緩和医療学会ニューズレター
Feb 2008  38
学会印象記
コミュニケーション技術研修会に参加して
千葉県がんセンター 緩和医療科  坂下美彦
 患者自身ががんを受け止め、適切な治療法を選択するためには患者医師間のコミュニケーションが重要である。がん対策推進基本計画の中でも「医師のコミュニケーション技術の向上」が取り組むべき課題としてあげられている。去る10月18、19日に大阪で開催された「平成19年度第1回がん診療に携わる医師に対するコミュニケーション技術研修会」に参加させていただきましたので報告します。
 この研修会は悪い知らせを伝えるためのコミュニケーション技術(SHAREプロトコール)を身につけるためのもので、厚労省の委託事業として日本サイコオンコロジー学会の協力のもと開催されました。2日間の日程のほとんどがグループごとのロールプレイからなっていました。16人の受講者に対してファシリテーターが10人、模擬患者が4人、スタッフが3人という構成で、受講者にとってはとても恵まれた条件の研修会でした。
 ロールプレイは4人のグループごとに「難治がんの診断」「再発」「抗がん治療の中止」のそれぞれを伝える場面の設定で行われました。ファシリテーターやオブザーバーの見る中でSHAREを意識しながらのロールプレイは最初非常に緊張しましたが、模擬患者の方々の演技は真に迫るものがあったため、いつの間にか本当に外来で患者さんを相手にしているつもりになってしまいました。SHAREは時系列で並んでいるSPIKESとは違い、その構造を把握しにくい印象がありますが、ロールプレイで使用して何となく解るようになりました。SHAREはSPIKESよりも流れが自然だと思います。また、重要な点はRE(Reassurance and Emotional support―情緒的サポート)を与え続けることにあるようです。
 今回の研修会はSHAREを学んだだけでなく、自分自身のコミュニケーションそのものを意識・注意する貴重な体験となりました。これを機会に日々の診療の中で自分自身のコミュニケーションにもっと目を向けていくことができるような感じがします。今後はSHAREを自然な形で使えるように日々努力していきたいと思っています。

Close