Japanese Society for Palliative Medicine
News Letter No.38
日本緩和医療学会ニューズレター
Feb 2008  38
学会印象記
「平成19年度第1回がん医療に携わる医師に対するコミュニケーション技術研修会」を見学して
京都府立医科大学大学院医学研究科精神機能病態学  廣澤六映
 平成19年10月18日、19日に大阪で行われた、「平成19年度第1回がん医療に携わる医師に対するコミュニケーション技術研修会」を見学させていただきました。本学会印象記でもCST(Communication Skill Training)として既に紹介されている研修会同様、がん患者が納得の上で安心して自身の治療法等選択ができるように、患者と医師との間により一層の良好なコミュニケーションを築くための技術研修で、SHAREプログラムに則って、悪い知らせを伝えるトレーニング等が行われました。全国から16名の受講者と、さらにファシリテーター、模擬患者、それにスタッフら受講者数以上の関係者が参加されるといった贅沢な体制で、丸二日間にわたって全員が一丸となって真剣に取り組む姿勢が印象的でした。受講者は、比較的若い一般臨床家から経験豊富な緩和医療専門家まで様々でしたが、業務に忙殺される日常臨床を少し離れ、一個人として人と接する基本に立ち返って、コミュニケーションを見直す良い時間となったようでした。
 昨今、「がん対策基本法」や「がん対策推進基本計画」の中で、「精神心理的な問題への援助」「家族に対する心のケア」などトータルペインへの緩和ケア的なアプローチが叫ばれる中、コミュニケーションをスキルとして学ぶことの有用性が示唆されていますが、スキルトレーニングの現場を目の当たりにして、改めてその必要性と重要性を肌で感じることができました。他人の外来を見学するという、普段なかなか得難い機会を得ることで、客観的な視点をもって、患者さんに対する接し方や心理社会的な側面への配慮を、身をもって体験できる貴重な会でした。まだまだ少人数での取り組みとして始まったばかりのようですが、今後このような取り組みが加速度的に広がっていき、臨床の現場で直接、がんで苦しむ患者さんやご家族に還元されることを、切に期待したいと思います。

Close