Japanese Society for Palliative Medicine
News Letter No.37
日本緩和医療学会ニューズレター
Nov 2007  37
ポスターセッション P2B-1〜P2B-9,P1S-1
その他(2)
座長・報告 : 元高知女子大学看護学部  鈴木志津枝
 その他(2)のセッションでは、各施設の緩和ケアの取り組みに関する10題の発表がなされた。岡山大学病院の三宅百合江氏は、膀胱がん患者の治療選択には、患者自身の『自律心の存在』『楽観的思考』『医師への絶対的信頼』『他者との関係性』『健康・生への執着心』『今後の生き方』の6つの要因が影響していたと報告された。
 中通総合病院の苅安真佐美氏は、リンパ浮腫患者に対する複合的理学療法を実践しPerformance Statusが有意に改善した成果に基づき、リンパ浮腫ケア部門を開設し、現在は自由診療による治療システムが安定してきている実態を報告された。
 東京都立駒込病院の新井敏子氏は、情報提供とがん患者相談支援センター機能を持つ「医療情報 相談室」でのがん看護専門看護師の活動として、がん治療の紹介や説明、治療選択の支援、治療や症状に関する相談、他部門との連絡調整、病棟−外来−在宅への継続的な看護が提供できるような支援等について報告された。
 藤枝市立市民病院の大久保和美氏は、緩和ケアチームメンバーの歯科衛生士が死後の患者に対するエンゼルケアとして専門的口腔ケア(義歯の装着や口腔内保清)を実施し、生前の面影を取り戻すことができ家族の思いに応えることができたと報告された。
 独立行政法人国立病院機構東京医療センターの飯野裕佳子氏は、一般総合病院外科病棟でのホスピスケア認定看護師に対する医師や看護師、家族からの相談内容を整理し、がん性疼痛に対する薬物療法、症状緩和方法、日常生活援助方法、在宅療養時の社会資源の活用に関する内容が多かったと報告された。
 三豊総合病院の青木紀子氏は、緩和ケア病棟でエンゼルケア充実に向けて、エンゼルケア・メイクの勉強会やメイク道具の導入、ケアの見直しを行った結果、看護師のエンゼルケアの重要性の認識や満足感、グリーフケアの一環としての意識が高まったと報告された。
 筑波大学附属病院の外山美紀氏は、看護師のがん患者への関わりについてSTAS-Jを用いて評価しカンファレンスで検討した結果、身体症状以外の8項目では評価不能のままが多く、積極的な介入がなされていなかったことが明らかになったと報告された。
 医療法人白十字会佐世保病院の碇秀樹氏は、緩和医療の実践を通して特に忘れられない4組の患者や家族の言葉を紹介し、その言葉や患者や家族への関わりが意味する内容、痛みの理解や予後告知の対象と時期の慎重な検討、チーム医療の素晴らしさ、緩和医療へのギアチェンジのタイミングの重要性などを教訓として報告された。
 兵庫県立成人病センターの野木幸子氏は、呼吸器内科病棟に所属するホスピスケア認定看護師の活動、すなわちIC及び意思決定への関わり、治療の副作用や進行に伴う症状のマネジメント、家族ケア、スタッフ教育、医師との連携・調整、相談などの緩和ケア実践が、スタッフの実践や患者・家族の病状説明後の衝撃や苦痛の緩和等に肯定的な影響がもたらされていると報告された。
 山陰労災病院の井隼孝司氏は、化学療法や放射線治療の適応外となった進行・再発がん患者7名に対しラジオ波凝固療法を実施した結果、疼痛緩和や腫瘍に起因する臓器圧迫症状や静脈還流障害による浮腫も改善が見られ、ラジオ波凝固療法は症状緩和やQOLの向上に有用であったと報告された。

Close