Japanese Society for Palliative Medicine
News Letter No.37
日本緩和医療学会ニューズレター
Nov 2007  37
ポスターセッション P1I-1〜P1I-11
緩和ケアチーム(2)
座長・報告 : 財団法人 防府消化器病センター 防府胃腸病院  廣田晴美
 当セッションでは、11題中7題が緩和ケアチーム(以下PTC)の活動状況の分析および今後の課題に対する発表であった。琉球大学の赤嶺氏らは医師のPTCに対する認知度や活用度、緩和ケアに対する知識や対応を明らかにして、今後の活動の示唆を得たことを報告された。大分大学医学部附属病院の赤峰氏らはスタッフへの基礎知識の教育の重要性を強調された。市立伊勢総合病院の永田氏らは病棟におけるチーム医療の実践をサポートした結果、チーム医療や情報交換のためのカンファレンスの重要性がスタッフに認識され、継続的な教育・関わり、職種間の交流や情報交換の大切さを報告された。福島県立医科大学の佐藤氏らはスタッフのPTCへの要望として、患者の精神的ケア、療養場所のコーディネート、家族ケアが多く、他職種間での連携の必要性を示唆された。徳島赤十字病院の郷氏はPTCへの相談件数を増加させる試みとして、医師及び疼痛コントロール不充分な外来患者さらに地域の病医院に対する広報活動を紹介された。大阪医療センターの小川氏らはPTCの介入時に化学療法中の患者の割合が増加していることより、外来からの早期介入が大切であると報告された。介入を早期に行う方法として那覇市立病院の藤本氏らはリンクナースとの連携を挙げられた。また早期介入のメリットを生かすためには、地域連携システムの構築が必要であると報告された。
 PTCによる介入効果の発表は2題であった。新日鐵広畑病院の松本氏らはPTCが病棟スタッフをサポートすることにより、個別性のあるケアを最期まで多面的に行うことができた事例を報告された。大阪府立成人病センターの三田氏は院内メールの活用、緩和ケア専用カルテ用紙や患者1名に対してPTCより担当医2名、担当看護師1名が受け持つスタイルを導入したことにより、効果的なケアを提供することが可能になったことを報告された。
仙台医療センターの佐藤氏らはPTCにおける薬剤師の取り組みとして、オピオイドに関する患者向けパンフレットと個々の鎮痛薬説明書を作成したことを紹介された。市立豊中病院の松山氏はPTCにおける看護師の取り組みとして、ツールを導入して各病棟に配置したうえでラウンドしたことにより、病棟看護師からの相談件数が増加し効果的な介入が行えたことを報告された。
 いずれの発表も様々な体制の中でスタッフが積極的にPTC活動に取り組まれていることがうかがえ、今後のPTC活動のさらなる発展を期待させる内容であった。

Close