Japanese Society for Palliative Medicine
News Letter No.37
日本緩和医療学会ニューズレター
Nov 2007  37
ポスターセッション P1H-1〜P1H-11
緩和ケアチーム(1)
座長・報告 : 昭和大学病院緩和ケアセンター  樋口比登実
 各施設での緩和ケアへの積極的な取り組みを発表していただいた。いずれの施設もチームの存在に価値を見出すのではなく、活動実績を評価し、さらなる発展を目指しておられることが伝わった。活動開始するための院内スタッフのニーズの検証、実践チームの活動評価、活動報告、スタッフの緩和ケアへの意識・知識調査、治療期からの緩和ケアの導入として化学療法中患者へのオピオイドの導入及び服薬指導、疼痛治療標準化を目指すマニュアル作成、地域連携、チームの活動評価と実践に関するデータベースの構築、介護者の負担に関する研究など発表は多岐にわたっていた。マニュアル、データベースは各施設で試行錯誤しながら作成しておられる事と思うが、今回の発表を参考に進められると非常に素晴らしいものが出来上がることであろう。介護者に関しては気に掛けてはいるものの・・・と考えておられる方が多いのではないだろうか。介護者に焦点を当てた研究が更になされなければならないと感じた。
 現在、緩和ケア診療加算算定するための緩和ケアチーム、がん診療拠点病院の緩和ケアチーム、病院の質を保つためのボランティア緩和ケアチームなど各施設それぞれの目的で緩和ケアチームが活動している。収益のため、拠点を維持するため形だけのチームもあるとの話も伝わってくることがあるが、このセッションの発表からはそのようなことは皆無であると感じ安堵した。緩和ケアチームを立ち上げ数を増やす時代は終わり、チームの質を確保する時代に入ってきていることは間違い無いであろう。各施設に求められる、その施設にあった質の高い緩和ケアチームがこれからますます増加していくこと願っている。今回発表された方々の更なるご活躍・ご発展を心より祈っている。(2題演者の変更があったが、健康を害しての変更でなければよいが・・と思っている。)

Close