Japanese Society for Palliative Medicine
News Letter No.37
日本緩和医療学会ニューズレター
Nov 2007  37
緩和医療におけるリハビリテーション
座長・報告 : 千葉県がんセンター整形外科  安部能成
座長 : 広島大学大学院保健学研究科  岡村 仁
 総会第1日目の午前9時から11時までの2時間、第9会場である岡山コンベンションセンター1階イベントホールで、ワークショップ7として「緩和医療におけるリハビリテーション」が開催された。座長は広島大学大学院保健学研究科の岡村と千葉県がんセンター整形外科の安部が務め、演者として6人が登壇した。
 第1席の順天堂大学大学院医学研究科の北原エリ子氏は、進行期〜終末期癌患者のリハビリテーション目標と目標実現因子について、と題して統計的手法により運動障害の阻害要因を分析された。第2席の静岡県立がんセンターリハビリテーション科の石井健氏は、がん専門医療機関、特に緩和ケア病棟における理学療法の実施内容についての検討、と題して同センターリハビリテーション科の理学療法において緩和医療の対応が2.9%であることを示された。第3席の千葉県がんセンター整形外科の安部能成氏は、診断前からのリハビリテーション介入により退院に至った症例、と題して原発不明がんの診断確定以前からの介入により退院に至った症例を通して廃用症候群予防に関する有効性が指摘された。第4席の旭川医科大学緩和医療チームの阿部泰之氏は、整形外科医にとっての緩和的リハビリテーション〜その現状と課題〜と題して、機能回復が望めない患者へのアプローチの重要性に触れ、QOLを高める役割に対して整形外科医の対応可能性を実践的に示された。第5席の国立がんセンター東病院の栗原美穂氏は、リハビリテーション−看護師の立場から−、と題して緩和医療において最大多数を占める職種である看護の立場から、特に疼痛緩和、及び、骨転移に関してリハビリテーションに求めることが多いと述べられた。第6席の静岡県立がんセンター精神腫瘍科の大庭章氏は、心理士の立場から見た緩和医療的リハビリテーションの現状と課題と題して、リハビリテーション医療者と精神的医療者の協働の重要性に言及された。
 12回目を迎える日本緩和医療学会の歴史において、ワークショップとして「緩和医療におけるリハビリテーション」が取り上げられたのは初めてである。さらなる緩和医療を展開する際のリハビリテーションの重要性は本総会の2週間前に開催された欧州緩和ケア学会においても示されており、その意味で重要な知見を会員の皆様にお届けすることができたと思われる。このような意欲的企画を実行に移された大会プログラム委員長の斎藤信也先生をはじめ、田中紀章学会長の見識に尊敬の念を表明する次第です。

Close