Japanese Society for Palliative Medicine
News Letter No.36
日本緩和医療学会ニューズレター
Aug 2007  36
ポスターセッション P1W-1〜P1W-12
疼痛のケア(1)
座長・報告 : 長崎市立市民病院麻酔科・緩和ケアチーム  冨安志郎
 ポスター 疼痛のケア(1)を担当した。埼玉県立がんセンターの余宮先生らは、オピオイド投与時の嘔気予防に、非定型抗精神病薬ペロスピレンが有用であることを報告した。ペロスピレンはドパミン受容体だけでなく、セロトニン、ヒスタミン受容体などに作用し、難治性嘔吐の治療薬として有用なだけでなく、廉価で糖尿病患者への使用も可能であり、今後オピオイド開始時の選択肢の一つとなる。独立行政法人国立病院機構大阪医療センターの松山先生及び淀川キリスト病院ホスピスの今井先生らは昨年使用可能となったギャバペンチンのオピオイド抵抗性疼痛に対する有用性を報告した。低用量(200mg/day)より開始し、漸増することで重篤な副作用なく、オピオイドによる除痛が困難な痛みに有効であったことを報告した。今後どの時点で使用を開始するかなど含めて多くのデータの蓄積が期待される。北里大学東病院薬剤部の平山先生らは、フェンタニルパッチからモルヒネ持続静注への切り替えはパッチ剥離と同時に1:15.9の換算比で算出した量の半量を24時間投与し、24時間後からは換算量+レスキュー量を一日量とする方法の有用性を報告した。大阪大学大学院薬学研究科の岡本先生、愛知県がんセンター中央病院のグループ、熊本労災病院薬剤部の大野先生ら、国立病院機構沖縄病院の大城先生ら、磐田市立総合病院の後藤先生ら、津山中央病院薬剤部の西崎先生らは薬剤師の介入によってオピオイド使用の実態を明らかにし、また薬剤師が適切な症状評価を行なうことで患者さんのQOL改善が可能なことを実証する発表を行なった。薬剤師がベッドサイドで実力を発揮する機会が増えており、そのパワーを感じることができた。その他松江市立病院の堀江先生のオピオイドローテーション、名古屋大学大学院の光行先生による痛み評価の試み、自治医科大学の見目先生の外来患者さんへのケアの工夫などの発表があった。いずれも興味深い演題でディスカッションも活発であったが、演者発表中に携帯電話で会話を行なっていた聴衆がおられた。会場内でのマナーは守っていただきたい。

Close