Japanese Society for Palliative Medicine
News Letter No.36
日本緩和医療学会ニューズレター
Aug 2007  36
ポスターセッション P1J-1〜P1J-11
緩和ケアチーム(3)
座長・報告 : 日本大学医学部附属板橋病院  藤田智子
 各病院における緩和ケアチームの現状と課題、乳がんサポートチームの活動、デス・ケースカンファレンスの効果報告など計11演題の発表があった。P1J-1,3,6,9,10,11:緩和ケアチームの活動により患者が早期に適切な緩和ケアを受けられるようになっていること、オピオイド製剤の適正使用推進に貢献していること、一般病棟において食欲低下をきたした患者へ食前酒提供の試みなど食事環境改善にも働きかけていることなどが示され、さらに地域医療との連携の重要性と共に地域資源の少なさや情報共有の不備、不十分な緩和ケア教育など各病院における今後の課題が発表された。P1J-2:薬剤師の緩和ケアに関する薬剤の知識不足とコミュニケーションスキルの不足が明らかとなり、緩和ケアにおける専門の薬剤師養成の必要性が示唆された。P1J-4:乳がんサポートチームによる外来患者への既存のパンフレット配布状況からがん告知直後の患者は、書面の情報よりも治療の意思決定支援の為の情報提供や心理的サポートを含めた面談など相談窓口の必要性が示唆された。P1J-5,7:緩和ケアチームにおけるMSW、薬剤師の在宅支援活動から、往診医およびかかりつけ医との病診連携や病院薬剤師と保険薬局薬剤師との連携など地域がん診療拠点病院と地域医療とのシームレスな連携の重要性を示された。P1J-8:デス・ケースカンファレンスがターミナルケアにおけるストレスやジレンマの解決、スタッフ間の相互理解と問題解決、ケアの質の向上の為に効果があることを示された。様々な体制でスタッフが努力をしながら緩和ケアチーム活動を推進しており、地域医療との連携などチームの役割の広がりと今後の活躍が期待されるセッションであった。

Close