Japanese Society for Palliative Medicine
News Letter No.36
日本緩和医療学会ニューズレター
Aug 2007  36
ポスターセッション P1C-1〜P1C-8
緩和ケア病棟運営
座長・報告 : 松山ベテル病院 ホスピス医長・院長  中橋 恒
 このセッションでは緩和ケア病棟運営というテーマで8題の発表がなされた。
 第1席の松川氏は、緩和ケア病棟開設の準備室から開棟までの活動内容についての発表であったが、職員の教育カリキュラムの重要性が指摘され緩和ケア病棟の機能評価の上でも良い指摘となった。第2席の黒崎氏は緩和ケア病棟における栄養士の役割についての発表であった。緩和ケアは多職種のチーム医療を基本として取り組まれている中で、人としての日常性である“食”について栄養士が直接患者さんと関わる取り組みは非常に示唆にとんだ内容で、今後の活動の成果を期待したい。第3席の横山氏は“がん”診療連携拠点病院における緩和ケア病棟の緊急入院の現状についての発表であった。病院の性格上緊急入院が多く全入院の25%を占め、緊急入院用のベッドを確保し対応されていた。地域のがん診療連携拠点病院としての機能の一つを指摘された発表であった。第4席の与那覇氏は緩和ケア病棟開設の現状と課題についての発表で、在院日数1週間以内の患者が32 % を占めもう少し早めのギアチェンジの必要性が指摘された。第5席の甲斐氏は看護チームの編成を2チームから1チームへ変更した経過について発表され、協力体制が強化された利点と情報収集に時間がかかる欠点が挙げられたが、今後も1チーム編成での看護でチーム力アップを図る予定である。第6席の渡辺氏はがん診療連携拠点病院における緩和ケア病棟の役割についての発表で、在宅ケアへの連携に問題があるとの指摘がなされ、連携病院として在宅ケア連携のモデル化を期待したい。第7席の細井氏は法人病院におけるホスピス開設の実状について発表がなされた。ホスピス相談外来を新たに設け対応している現状の分析で、大学病院や在宅ケア、施設ケアとの連携の橋渡しとしての機能についての指摘があり、連携医療を考える上で期待の持てるシステムと思われた。第8席の蔦澤氏は緩和ケア病棟でのイベント運営の現状についての発表で、月1回のイベントをスタッフの負担軽減を図る工夫として食養科・ボランティアとの連携強化で施行した内容であった。緩和ケア病棟におけるイベント開催のモチベーション維持に示唆を与える発表であった。    
 以上、私が担当した緩和ケア病棟運営についての8演題を紹介した。全体として、がん対策基本法にも謳われている在宅医療への展開がどの施設も連携の具体的方向性が見えず苦労されている印象であった。緩和ケア病棟の役割が病棟としての運営にとどまらず、在宅ケアとの連携に活動が広がるような方向性をより積極的に試みて行く必要性を痛感した。

Close