Japanese Society for Palliative Medicine
News Letter No.36
日本緩和医療学会ニューズレター
Aug 2007  36
パネルディスカッション1
緩和医療チームの現状と課題
座長 : 東札幌病院 医療相談室  田村里子
座長・報告 : 国立がんセンター中央病院手術部  下山直人
 東札幌病院の田村里子先生とパネル・ディスカッション1の座長を担当させて頂いた。
 最初の2演題はいずれも聖隷三方原病院からで、看護師によるSTASを用いた緩和ケアニーズのスクリニーングシステムについてと薬剤師による患者の緩和ケアニーズの自記式評価システムについての発表であった。緩和ケアチームへの依頼は本来、患者のニーズに応じて主治医から行われるのが基本であるが、それが遅くなることが多いため、スクリニーニングが必要であり、それが効を奏しているとの発表であった。つらさを持っている患者にできるだけ早急に対応することに関して有用であるが、主治医を飛び越した依頼になる可能性もあり、主治医との密な連携ができる病院ならではの方法と考えられた。
 3題目は栃木がんセンター緩和ケアチーム看護師からで、PCUを併設する緩和ケアチームでは末期のイメージが強く、依頼件数が伸び悩んでいたとの報告であった。病院管理者の協力のもと、そのイメージを払拭する活動によって患者数は増加し、その内訳では化学療法に伴う苦痛緩和に関する依頼が増えたことが示された。またチームのスタンスとして、あくまで担当医をサポートする立場であることを強調していた点が特に印象に残った。
 次の2題は、緩和ケアチームの創成期にある病院からの報告であった。名古屋記念病院の看護師からの発表では、病院内の緩和ケアニーズを調査する研究結果が示された。一般病院における看護師の緩和ケアニーズをさぐるものであった。
 第5題目は石川県立中央病院の栄養士からの発表で緩和ケアチームの活動の中で栄養士の役割の重要性はすでに言うまでもないが、それぞれの職種をこえた患者とのつながりについて熱く語られていた。チーム員の職種、その役割に関して、現状でも不明確な点が多いが、必要な部分を補い合うという点で職種の役割をこえてサポートし合う点が強調された。
 最後の6題目の発表はチームのペインクリニックの医師からの発表であった。患者の現状に関して、主治医との認識のずれに対して根気よく対応し、患者のゴール設定がうまくいったケースの紹介であった。
 古くから地道に進歩しているチーム、創世記のチーム、病院毎でチーム員の役割が多様であることが示されたパネル・ディスカッションであった。それぞれの取り組みを尊重しながら、全国で共通する、緩和ケアチームによる患者苦痛緩和のための方法、評価法、ルール作りなどが推進されなければならないことが示唆された。

Close