Japanese Society for Palliative Medicine
News Letter No.32
日本緩和医療学会ニューズレター
Aug 2006  32
ランチョンセミナー4
ホスピス緩和ケア病棟・チーム・そして外来
演者 : 聖路加国際病院緩和ケア科  林 章敏
座長・報告 : 大阪大学  恒藤 暁
 WHOは2002年に緩和ケアの定義を「生命にかかわる疾病に直面している患者と家族の痛みやその他の身体的、心理社会的、スピリチュアルな問題を予防・評価・対応することによってQOLを向上させるアプローチである」(試訳)と表現の一部を変更しており、緩和ケアがより広く適用されることを提唱している。
(http://www.who.int/cancer/palliative/definition/en/)
 聖路加国際病院緩和ケア科の林 章敏先生から、聖路加国際病院の緩和ケアへの取り組みについて紹介された。聖路加国際病院緩和ケア科では、全経過の患者に対応するために緩和ケア病棟での働きのみならず、緩和ケアチームによる一般病棟でのコンサルテーション活動、緩和ケア外来による外来診療、さらにはかかりつけ医等との連携による在宅ホスピス等のサービスを提供している。
 緩和ケア病棟では、終末期患者への尊厳あるターミナルケアを提供している。症状緩和が図れた患者については、在宅・外来へのスムーズな移行が図れるようにしている。
 緩和ケアチームでは、診療加算を取っていないものの、医師、看護師、薬剤師がチームに加わり、良好な症状緩和が図れるように活動している。精神的な問題にはチームメンバーがかかわりをもち、必要時にリエゾン精神看護専門看護師、精神科医、診療内科医が専門的な対応をしている。また、乳腺チームとの合同カンファレンスを週に一度開いている。
 緩和ケア外来を受診する患者の約半数は化学療法を受けている患者であり、がん治療早期から緩和ケアが関わるようにしている。在宅の患者は訪問看護科や地域のかかりつけ医と協力して対応し、必要時には聖路加国際病院から往診している。林医師は、「緩和ケア病棟、緩和ケアチーム、そして緩和ケア外来を同じ診療チームが対応することにより、患者に一貫性のある対応ができ、信頼関係も築きやすい」と述べている。
 このように、緩和ケアは病期や場所に関わらず、広く適用されるように体制を整備していくことが重要な課題であることが確認された。

Close