Japanese Society for Palliative Medicine
News Letter No.29
日本緩和医療学会ニューズレター
Nov 2005  29
ポスターセッション III-D-01〜06
痛みの緩和9
司会・報告 : 水戸医療センター  久永 貴之
 当セッションではいまや本邦における癌性疼痛治療において必要不可欠な存在となったフェンタニルパッチと昨年より癌性疼痛に対しての保険適応拡大が認められたフェンタニル注に関する6つの演題をご発表いただき、活発な意見交換がもたれた。
 私立秋田総合病院外科の橋爪先生からは先行オピオイド未使用例やコデイン、低容量モルヒネからフェンタニルパッチを開始する場合に、2.5mg半面貼付もしくは2.5mg全面貼付を開始量とする事が比較的安全であることが報告された。
 芳賀赤十字病院の鈴木先生からは高容量のフェンタニルパッチ(80mg)よりモルヒネ皮下注へ切り替える事で良好にコントロールされた症例の報告があり、高容量のフェンタニルパッチに関しては効果の面、コストの面などさらなる検討が必要であることが議論された。
 また済生会三条病院産婦人科の渡辺先生からは高容量のフェンタニルパッチ(60mg)に切り替えることで良好に疼痛コントロールされ、副作用も少なくQOL向上に役立った症例の報告があった。
 横浜市立市民病院緩和ケアチームの小島先生からはフェンタニルパッチからモルヒネ皮下注に切り替える場合の変換比に関しての報告があった。
 東札幌病院麻酔科の渡辺先生からはフェンタニルパッチ使用時のレスキュー製剤としてフェンタニル注の口腔内投与の有用性に関して報告があった。フェンタニルレスキュー製剤は現在治験進行中であるが発売までには相当の時間がかかる見通しであり、それまでの代替方法となりうる可能性が示唆された。
 琉球大学総合診療センター緩和ケア部門の笹良先生からはPCAを用いフェンタニル注で必要量を決定し、フェンタニルパッチへ切り替えることが容量設定の面、レスキューを注射投与で行える点から有用であるとの報告があった。

Close