Japanese Society for Palliative Medicine
News Letter No.29
日本緩和医療学会ニューズレター
Nov 2005  29
ポスターセッション II-E-01〜06
痛みの緩和7
司会・報告 : NTT関東病院  堀 夏樹
 本セッションには6題がエントリーし、5題の発表があった(残念ながら、プログラム全体の遅延があり、定刻に開始できず、1名が帰郷された)。演者はすべて、緩和医療を専門としない医師で、一般医療にも緩和的な考え方が浸透したと思われ、よろこばしいかぎりである。内容は、フェンタニル注射とパッチ(FP)にかんする報告であり、オピオイドローテーションや製剤使用法の工夫など、症例を中心とした問題提起があり、昨年に比べて、FPについて多くの問題点が指摘された。
 全般的には、FPが最良の鎮痛剤である、という印象からは程遠く、やはりきちんとしたアセスメントや使用法への習熟が必須であり、手軽で便秘などの副作用が少ない、という理由だけで、FPに流れてしまいがちな鎮痛方法をあらためて問い直すセッションであったとも言える。すなわちE-1,3ではtitrationの困難さを、E-2ではFP単独では鎮痛がはかれず、モルヒネの併用が非常に有効であった直腸癌例を、E-4では、発売されている規格が高用量すぎるための工夫を、E-5ではモルヒネからのローテーション効果が換算とおりにはこばないことなどが報告された。
 司会をさせていただきながら、モルヒネ、オキシコドン、フェンタニルとようやく3種類の強オピオイドを使えるようになった現在、それぞれの特色を生かしながら、きちんとした鎮痛を行うことこそが医師のつとめであるという事実をあらためて考えさせられた。

Close