Japanese Society for Palliative Medicine
News Letter No.29
日本緩和医療学会ニューズレター
Nov 2005  29
ポスターセッション II-A-01〜05
緩和医療システム2
司会・報告 : 聖路加国際病院緩和ケア科  林 章敏
 緩和医療システム2のポスターセッションでは、それぞれの地域、組織における緩和ケアに対する新たな取り組みについて発表がなされた。
 聖路加国際病院緩和ケア科佐藤拓道氏らは、聖路加国際病院における他科との併診による積極的な外来への取り組みを発表した。がん治療の初期段階から緩和医療が関わることの大切さを述べ、癌治療科との併診状況が詳しく分析されていた。特に、併診依頼当日か翌日に半数の患者の診察がなされており、迅速な対応が大切である点を強調している。
 広島県緩和ケア支援センター緩和ケア支援室の阿部まゆみ氏らは、在宅療養支援の一環としてデイホスピス事業について発表した。広島県が全国に先駆けて設置した緩和ケア支援センターの活動のひとつとして始められたデイホスピスの様々な効果が確認され、今後の更なる発展が期待される一方、経済的な裏づけが今後の課題として挙げられた。
 順天堂大学医学部附属病院の藤澤留美子氏らは、がん性疼痛患者に対するペインクリニック外来と緩和ケアチームとの協働について発表した。特に神経ブロックを必要とする患者ではペインクリニック外来で迅速な対応がなされ、緩和ケアチームを紹介することによりトータルペインの視点でフォローされていた。
 兵庫県立大学看護学部の小林珠美氏らは、癌患者への緩和ケア情報提供のあり方について発表した。治療に取り組む時期と、自ら死を意識し始めた時期とで癌患者の求める情報には違いがあり、それぞれの時期に適切な情報を提供する必要があることを強調した。
札幌南青洲病院の前野氏らは、札幌ホスピス緩和ケアネットワーク立ち上げの報告をした。札幌市内の病院、診療所、訪問看護ステーションへのアンケート調査を行い、ニーズを把握した上で、地域の施設間の交流や啓蒙活動を行っている現状と、教育、研修の場の提供、ホームページの立ち上げなど今後の課題について報告した。
 いずれの発表も今後の発展を期待できる充実した内容であった。

Close