Japanese Society for Palliative Medicine
News Letter No.28
日本緩和医療学会ニューズレター
Aug 2005  28
学会印象記
第10回日本緩和医療学会総会
(第18回日本サイコオンコロジー学会総会との合同大会)に参加して
名古屋市立大学看護学部  石黒千映子
 2005年6月30日〜7月2日、第10回日本緩和医療学会総会(第18回日本サイコオンコロジー学会との合同大会)が横浜で開催されました。『緩和医療とサイコオンコロジーの原点 患者家族と歩む』という学会テーマのもと、“コミュニケーション”、“疼痛などの症状緩和”、“チーム医療”、“家族や遺族のケア”、“緩和医療やサイコオンコロジーに携わる医療者の卒前・卒後教育”など、多彩な内容のシンポジウムやワークショップ、セミナー、ポスター発表が8時から22時まで盛り込まれていました。ここでは、とくに印象深かった「Bad News をどう伝えるか?」(シンポジウム)についてご報告します。
 5年間に6回のがん告知を受けられた関原健夫氏の講演では、毎回の告知に対する心的体験や、丁寧な説明が医師との信頼関係の礎であり患者の闘病意欲を支える力となること、近藤まゆみ氏の講演では、看護者として“伝える側”の医師と“伝えられる側”の患者との関係の調整のみならず、医師と患者それぞれに働きかけることが大切であること、内富庸介先生のがん患者のコミュニケーションに対する意向についての調査結果の報告では、日本では患者自身だけでなく家族も同じ内容が理解できるように配慮して欲しいという意向があったこと、Walter F. Baile 先生の講演では、ロールプレイなど様々なカリキュラムで構成された4日間の合宿形式のプログラムの紹介が印象に強く残りました。Bad News によって直面する“危機的状況”を患者・家族が乗り越えていくためには、伝えるタイミングや時期を検討するといった伝える前の準備、伝える環境、伝えた後の患者・家族の思いを受け止め続けるという継続的な関わりが重要です。そのため、医療者の中で最も患者の側にいることが多く、医師−患者関係の調整や両者への直接的な関与を担う看護者自身も、文化的背景も含めた多角的な視点からの患者理解と、コミュニケーション・対人スキルの向上が大切だと思いました。その後、患者よりも先に家族へ告知することについてどう思うかなど、家族とのかかわりに関する意見交換が活発になされ、シンポジウムが終わった後もフロアの外で活発に議論をしている場面に接し、患者と家族双方の思いを汲み取りながら関わることの大切さと難しさを痛感しました。
 最後にこのような貴重な学びの場を提供してくださったご関係の先生方に紙面を借りて御礼申し上げます。

Close