Japanese Society for Palliative Medicine
News Letter No.28
日本緩和医療学会ニューズレター
Aug 2005  28
ポスターセッション III-E-01〜06
痛みの緩和11
司会・報告 : 大分大学医学部麻酔科  服部 政治
 「痛みの緩和11」には6演題を頂いた。3題がオキシコドン徐放剤を中心としたオピオイド内服薬の現況と問題点を、残り3題がPCAポンプを用いた疼痛治療についてであった。 
 III-E-1では高瀬久光先生(福岡大学)がインフォームドコンセントの重要性を、III-E-2では磯野雅子先生(北里大学)によるオキシコドン徐放剤の副作用対策に対する取り組みを、そしてIII-E-3では大久保達也先生(荒尾市民病院)によるオピオイド製剤の使用動向をご発表いただいた。近年オピオイドの種類が増え、一昨年は経皮吸収型フェンタニル製剤が、そして今年はオキシコドン徐放剤についての発表が多かった印象を受ける。矢継ぎ早に発売されるオピオイド製剤をどう使うか、医師主導だけでなく、積極的に看護師・薬剤師が関わってチームとして取り組むことが重要なのだということを再認識させられた。
 後半はPCAでのがん性疼痛管理に対する取り組みについて、医師、看護師、薬剤師からご発表を頂いた。III-E-4吉岡大樹先生(佐世保中央病院)から薬剤師の関与を、III-E-5飯嶋哲也先生(山梨大学)からは静脈内PCAの工夫と有用性を、そしてIII-E-6戸谷美紀先生(国立がんセンター中央病院)からはPCAの安全対策のための取り組みをご発表いただいた。いずれも、非常に興味のある良いお話しでPCAを使用している施設にとってこれからすぐにでも取り組むことができる内容であった。特にPCAは医師、薬剤師、看護師、そして患者が一緒に取り組む疼痛対策としてその有用性が高いものの、本邦では大多数の施設が導入していないという現状がある。PCAへの理解、システムの導入などもっともっと普及に努めることがこれからも必要になると考えさせられた。
 緩和医療の領域でもやはり疼痛対策は重要であり、約30名ほどにお集まり頂き活発な意見交換がなされた。いずれの発表者も日本の緩和ケア・疼痛管理を代表される施設からの参加で、非常に有意義な討論ができたものと思っている。

Close